information

フェイスラインで小顔度が変わる?タイプ別で小顔になれる方法を伝授

太ったわけじゃないのに、顔が大きく見える…

そんな経験ありませんか?

もしかして、フェイスラインのたるみが原因なのかも。

小顔かどうかはフェイスラインの美しさが大きく関係していきます。

小顔になるためには、フェイスラインの脂肪やたるみを解消することが大切です。

フェイスラインのたるみ方にはタイプがあり、それに合わせたケアを行っていくことが効果的。

今回は、フェイスラインのたるみ方をタイプ別に紹介していき、それに合うケア方法を紹介していきます。

たった1回の方法で小顔になれる方法も紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

顔が大きく見えるのはフェイスラインのたるみが原因?

顔が大きく見えてしまう原因はさまざまですが、そのひとつに輪郭のゆるみ・たるみがあります。

フェイスラインのたるみと言うと加齢を想像する方もいるかもしれませんが、それだけではありません。

輪郭のたるみは、生活習慣も大きく関係しています。

フェイスラインがたるむ原因①姿勢の悪さ

特に輪郭をたるませてしまうNG行動が、姿勢の悪さです。

長時間パソコン作業をしていたり、首を下にしてスマホを眺めたり、こういった行動が輪郭のたるみを増加させます。

姿勢の悪さによって背中が固まり首が前に出て、ストレートネックになりがち。

すると、フェイスラインがたるみ、少しうつむくだけで二重顎になるなど、大顔に見えてしまうのです。

また、フェイスラインのたるみを放っておくと更に小顔からは遠のいていきます。

リンパや血流が滞ることで、栄養が顔に行き渡らなくなり、肌弾力をも低下させてしまうのです。

フェイスラインがたるむ原因①噛み癖や歯ぎしり

食事の際に片方の歯ばかりで噛む癖や歯ぎしりなどもフェイスラインをたるませる原因です。

噛むことや歯ぎしりは顎に力が入るのでたるみとは関係のないように思うかもしれません。

しかし、偏った噛み方や必要以上に顎に負荷を与える歯ぎしりは、輪郭を歪ませてしまう原因になります。

こういった生活習慣がフェイスラインのたるみにダイレクトに表れていくのです。

まずはこういった生活習慣を改善していくこともひとつのケアになります。

フェイスラインのたるみ方にはタイプがある

フェイスラインのたるみ方にはそれぞれ種類があります。

種類によって必要なケアやエクササイズが変わってくるので、自分のたるみ方をチェックしておきましょう。

二重あごタイプ

下記に当てはまる方は、二重あごタイプです。

☑もともと顔に脂肪がつきやすい

☑どちらかというと丸顔

☑デスクワークなどでパソコン作業が多い

☑呼吸が浅くなるときがある

☑甘い物やしょっぱい物を好んで食べる

特に顎の真ん中に脂肪がつきやすいタイプで、むくみ体質の人に多く見られます。

姿勢の悪さが特に影響しやすいため、日頃から姿勢を正すことを意識してみると良いでしょう。

二重あごタイプの方は、顎の下のくぼみの顎二腹筋や首にある胸鎖乳突筋を鍛えるのがおすすめです。

マリオネットタイプ

下記に当てはまる方は、マリオネットタイプです。

☑どちらかというと面長で痩せ型

☑ほうれい線が目立ちがち

☑全体的に筋力が弱い

☑食生活が不規則になったり偏ったりしがち

☑噛み癖がある

特に筋力が弱く、ほうれい線が目立ちやすい人に多く見られます。

マリオネットラインが出やすかったりたるみやすかったりするので、しっかり筋力をつけるのが効果的。

特に口周りの口輪筋やエラ周りの咬筋を鍛えて口角が下がらないようにしましょう。

ゆるラインタイプ

下記に当てはまる方は、ゆるラインタイプです。

☑上記の2タイプに該当するものがない

☑肌弾力の低下が気になっている

☑冷え性ぎみ

☑人と話す機会があまりない

☑パソコンやスマホを見る時間が長くなりがち

加齢や複合的な要素でフェイスライン全体がたるんでしまっている方に見られます。

フェイスライン全体を引き締める必要があるでしょう。

こめかみ付近の側頭筋を緩ませながら、エラ周囲の咬筋を重点的に鍛えていくことをおすすめします。

たるみ方のタイプ別のおすすめケア方法

たるみ方のタイプ別でおすすめのケア方法は異なります。

間違ったケア方法を行うと逆効果になってしまうこともあるので、自分に合うケアをしっかり実践していきましょう。

二重あご・ゆるラインタイプにおすすめのケア方法

二重あごやゆるラインにお悩みの方は、脂肪とむくみを解消していくことが重要です。

特にリンパや血液の流れが悪くなると、老廃物が溜まり顔がむくんでしまいます。

むくみは放っておくと脂肪に変化し、小顔とは無縁の大顔に。

ここでは、簡単に二重あごやゆるラインがケアできる方法を紹介していきます。

①顎の裏側部分の顎二腹筋を親指でグリグリと押しながらほぐしていく

②顎二腹筋を起点に耳下に向かって引き上げるようにマッサージする

③そのまま鎖骨に向かい首の横を通るように流していきます

2、3分で簡単にできるマッサージです。

継続して頑固なむくみと脂肪を解消していきましょう。

また、お風呂上がりのドライヤーの際に、ブラッシングで頭皮をマッサージするのもおすすめ。

むくみ解消&血流アップに効果的です。

マリオネット・ゆるラインタイプに効果的なケア方法

マリオネットタイプやゆるラインタイプの方は、肌の弾力を失いがち。

コラーゲンやヒアルロン酸などが低下してしまい、フェイスラインがたるんできてしまいます。

特に皮膚が薄く伸びやすい人はたるみが増加しやすいので要注意。

こういったタイプの方は、肌のコラーゲンやヒアルロン酸の再生を促していくのが重要です。

美顔器などの美容機器や、高機能コスメを活用して集中的にケアしていきましょう。

内側から肌弾力を取り戻していくことが大切です。

どのタイプにも効果的なケア方法

フェイスラインのたるみを解消し、美しい輪郭を作るためには、顔の筋肉を鍛えることも重要です。

特に口周りの口輪筋とエラ周りにある咬筋を鍛えると、よりスッキリとしたフェイスラインが作れます。

舌を出してぐるぐる回すストレッチや、あいうえお体操なども効果的。

フェイスラインの筋肉を鍛えるためには、マッサージよりも体操がおすすめです。

1日2、3分だけでもいいので継続して輪郭の筋肉を育て、美しいフェイスラインと小顔を手に入れましょう!

たった1回でフェイスラインをスッキリさせ小顔になれる方法

今回は、小顔になるためにはフェイスラインのたるみの解消が重要であることをお伝えしていきました。

フェイスラインのたるみ方にはさまざまな種類がありますが、どれも日々の積み重ねで蓄積されていくものです。

つまり、ケアも継続していくことが大切。

1回のホームケアではなかなか効果を出すことが難しいのです。

しかし、たったの1回でフェイスラインをスッキリさせて小顔になれる方法があります。

それは、愛知県西尾市と岡崎市の「KANRAI」で受けられるKANRAI式小顔コルギです。

KANRAI式小顔コルギは、1回で小顔になれるほどの即効性が一番の魅力です。

小顔コルギに美容整体と小顔整体を加えたオリジナル施術で、顔のむくみはもちろん、頭蓋骨の歪みを正し、本来の小顔に導いていきます。

KANRAI式小顔コルギは4,980円で体験可能!

たった1度の施術で小顔になれるKANRAI式小顔コルギをぜひ一度お試しください。