お酒=痩せないは嘘!?ダイエットとアルコールを上手に楽しむ方法

お酒=痩せないは嘘!?ダイエットとアルコールを上手に楽しむ方法

お酒はダイエットの天敵。

そんなのはむしろ当たり前のことのように思いますよね。

しかし、アルコールの選び方や飲み方によっては、むしろダイエット効果を高める作用があることをご存知ですか?

実は医学的なエビデンスに基づき、“飲酒はむしろダイエット効果がある”という結果が残されているのです。

今回は、そんな医学的な情報を元に、ダイエットとアルコールを上手に楽しむ方法をまとめていきます。

ダイエット中のお酒の選び方や飲み方の参考にしてみてください。

ダイエットの真実!「アルコール=太る」は間違い

お酒は一般的にカロリーの高い飲み物として知られています。

そのため、ほとんどの方が飲酒はダイエットの大敵だと思い込んでいるでしょう。

太る原因がカロリー過多によるものだという認識があるため、カロリーの高いアルコールは太るというイメージがあるのかもしれません。

しかし、太る原因はカロリーではありません。

主に私たち人間を太らせるのは糖質です。

糖質を摂取すると血糖値が上がります。

すると、身体が血糖値を下げようと肝臓からインスリンというホルモンを分泌させ、脂肪を身体に溜め込んでいくのです。

インスリンは血糖値が急上昇することで過剰に分泌されます。

つまり、脂肪を溜め込まないためには、血糖値の上昇を抑えるか緩やかにする必要があるのです。

このように、人が太るのは主に糖質が原因になっています。

カロリーの高いアルコールが太るというわけではないということを覚えておきましょう。

岡崎市・西尾市のフェイシャルエステKANRAIのお酒画像

アルコールを飲むと太る原因とは?

アルコールが原因で太るわけではない…といっても、実際にお酒の飲みすぎで太ってしまった経験がある方も多いでしょう。

お酒を飲んで太るのには、次の理由が考えられます。

糖質が脂肪となって体内に蓄積されるから

上記で太る原因は糖質だということを説明しました。

太る原因はアルコールではないと言っても、糖質の高いお酒であれば太る原因になってしまいます。

そのため、ダイエット中に飲むお酒を選ぶ際は、糖質量に注意が必要です。

糖質を多く含むお酒を大量に飲んでしまうと、糖質が分解しきれず脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

お酒を飲むことで代謝が落ちるから

お酒を飲むと肝臓でアルコールの分解が優先され、代謝が落ちてしまいます。

代謝はダイエットに必要不可欠なものです。

代謝が良い人は脂肪を燃やす力があるため、脂肪を溜め込まずに太らない身体がキープできます。

一方で代謝が悪い方は脂肪を燃やす力がなく、どんどん脂肪が溜まり太ってしまうのです。

毎日のようにお酒を飲み太ってしまっている方は、アルコールが直接的に原因になっているわけではありません。

お酒を飲むことで肝臓の働きが悪くなり、代謝が落ちることが原因になっています。

お酒によって食が進み無駄な糖質を摂取してしまうから

お酒を飲むと、ついつい食が進んでしまうという方も多いのでは?

特に酔いが進むと、揚げ物やラーメンなど糖質やカロリーの高いものが食べたくなってしまいますよね。

ダイエット中は食事やおつまみの選び方にも要注意。

お酒はそれほど飲んでないのに太ってしまった…という方は、食事やおつまみの量が影響しているのかもしれません。

アルコールは太らないと言われている医学的理由

実は、アメリカの医学誌では、アルコールに血糖値の上昇を抑える働きがあるという論文が掲載されています。

・パンのみを食べた場合
・パンとビールを飲食した場合
・パンとワインを飲食した場合
・パンとジンを飲食した場合

上記のケースで、血糖値の上昇レベルとインスリンの分泌量をそれぞれ比較したそうです。

その結果、血糖値の上昇レベルの順位は下記のようになりました。

パンのみを食べた場合>パンとビールを飲食した場合>パンとワインを飲食した場合=パンとジンを飲食した場合

パンと一緒にワインやジンを飲んだケースが最も血糖値の上昇もインスリンの分泌量も低く抑えられたそうです。

何も飲まずにパンだけを食べたときより、アルコールを一緒に摂取した方が結果が出るということがわかりました。

ダイエット中におすすめのアルコールの選び方

ダイエット中にお酒を楽しく飲むためには、選び方が重要です。

一言で言ってしまえば、“糖質の少ないアルコール”を選ぶのが基本になります。

それでは具体的にどんなアルコールがおすすめなのでしょうか?

白ワイン

ダイエット中に一番おすすめのアルコールは白ワインです。

特に辛口の白ワインにはダイエット効果があるということが、ドイツの研究によって発表されています。

白ワインは食事中の血糖値上昇を抑えるほか、翌朝の血糖値を低く抑える効果もありダイエットに最適です。

蒸留酒

ウイスキーやブランデー、ウォッカ、焼酎は糖質がゼロに近いほど微量のためダイエット中におすすめです。

アルコール度数が高めなので割って飲む場合は、水や炭酸水など糖質の高いものを避けるようにしましょう。

生レモンサワー

上記で紹介したようなアルコール度数の高いお酒が苦手な方は生レモンサワーがおすすめ。

生レモンサワーのベースは蒸留酒の焼酎で糖質がほとんど含まれていません。

また、レモンに含まれるリモネンには代謝をアップさせ脂肪燃焼効果が期待でき、ダイエット中にぴったりのお酒です。

ダイエット中のアルコールの飲み方

ダイエットとアルコールを上手に楽しむためには、お酒の飲み方にも注意しましょう。

選び方だけではなく飲み方も工夫することでダイエット成功に近付きます。

アルコールと一緒に水を飲む

アルコールと一緒に水を飲んだからと言って直接的にアルコール濃度を下げたり血糖値を抑えたりする効果は期待できません。

しかし、意識的に水を飲むことでアルコールの摂取量を減らすことは可能です。

アルコールの利尿作用による脱水症状や二日酔いなど体の不調の予防にもなるので、積極的に水を取り入れてみましょう。

ビタミン・ミネラルを摂取する

お酒を飲む際肝臓の働きを弱くさせ代謝が下がると太る原因になります。

アルコールを摂取すると、肝臓からビタミンB1やナイアシン、ミネラルなどが消耗されます。

代謝を下げないためにはそれらの栄養素を補わなければいけません。

そのため、食事やおつまみで豆腐や野菜、ナッツなどビタミンやミネラルが多いものを食べましょう。

ただし、食べ物だけで上記の栄養素を補うのは難しいため、できればサプリメントの利用がおすすめです。

岡崎市・西尾市のフェイシャルエステKANRAIのメンテナンス画像

定期的なボディメンテナンスを受けるのも効果的

ダイエットとアルコールをより上手に楽しむためには、痩身エステなど定期的なボディメンテナンスを摂り入れる方法もおすすめ。

アルコールを楽しみながらダイエットを行うためには、太りにくい身体を作ることが重要です。

定期的なボディメンテナンスを受けることで、身体のむくみが解消され、お酒を飲んでも太りにくい体質を作ることができます。

エステには様々な種類がありますが、ダイエット重視の方には愛知県西尾市と岡崎市の「KANRAI」の施術がおすすめです。

KANRAIでは、「セルライトジュテ」と「イヤーセラミックダイエット」の痩身メニューを用意しています。

【セルライトジュテ】
代謝アップに効果的な施術です。

セルフでは難しい部分までしっかりケアできるのがポイント。

サイクロンラジの高周波で、「温める」「はじける」「溶かす」「揉みだす」「引き締める」の5役を一気にアプローチ。

1回でも十分な効果を発揮する即効性が期待できます。

代謝を上げることでお酒を飲んでも太らない体質に導くことができます。

【イヤーセラミックダイエット】
ひとりひとりに合わせた食事指導と美容整体が受けられるメニューです。

週2回、15~30分ほど通うだけでOKなので、忙しい方にもおすすめ。

より健康的に痩せたいという方にも最適です。

激しい運動や食事制限も必要なく、自分のペースで痩せ体質が手に入ります。

一回の体験や無料カウンセリングなども受付中。

気になる方はぜひ気軽にお問合せお待ちしております!