ダイエット中に甘いものが食べたくなった時の対処法!食べ方のコツは?

ダイエット中に甘いものが食べたくなった時の対処法!食べ方のコツは?

いくらダイエット中といっても、甘いものが食べたくなる時は誰にでもあるでしょう。
特にストイックにダイエットを行っている方は、反動で余計に甘いものが食べたいという気持ちが大きくなるものです。

結論から言うと、ダイエット中に無理をして甘いものを我慢する必要はありません。
もちろん、ダイエットの効果的には食べない方が良い場合もあります。

しかし、ストレスが原因で結果的に悪影響を与えてしまうケースも否定できません。
コツやポイントを抑えながら甘いものを食べるのが重要。

工夫した食べ方をすれば、ダイエット中に甘いものを食べても問題ありません。
我慢するより、“上手に食べる”を意識して楽しくダイエットを行っていきましょう!

ダイエット中でも甘いものって食べていいの?

甘いものはダイエットの大敵!
そう思っている方が多いのではないでしょうか?

しかし、考え方としては、「甘いものを食べる=太る」というわけでは決してありません。
正しい解釈としては、太りやすい栄養素が入っているお菓子=甘い ということ。

そのため、「甘いものは太る!」という考え方は少し間違っていると言えるでしょう。
決してそのような事実はなく、食べずに我慢することは返ってストレスを与えてしまうだけです。

甘いものでも太りにくい食べ物はたくさんあります。

「ダイエット中だけど甘いものが食べたい!」と思うこともあるでしょう。

そんなときに大切なのは、

・甘くても太らないものを選ぶ
・甘いものを食べても太らない時間を知る
・甘いものを食べても問題ない頻度を知る

ということです。

これさえ知っておけば、辛いと思いがちのダイエットも楽しい時間になるでしょう!
知って損はない情報なので、ぜひ最後までチェックしてみましょう。

ダイエット中でも大丈夫!甘くても太りにくい食べ物の特徴3つ

上記でも説明した通り、甘くても太りにくい食べ物はたくさんあります。
そんな食べ物の特徴をまとめていくので、まずはこちらをチェックして知識を深めていきましょう。

①脂質が少ない

太る=カロリーの高い食べ物 と思いがち。
しかし、カロリーよりも注目してほしいのが“脂質”です。

特に以下の食べ物は脂質が多く含まれているので要注意。

・生クリーム
・カスタードクリーム
・焼き菓子

ようは、“スイーツ”を連想するような食べ物になります。

脂質は摂取すると消費されにくく、脂肪に変換されやすい栄養素です。
太りやすい栄養素として“糖質”もあげられますが、脂質は糖質に比べて2倍以上のカロリーがあります。
カロリー、脂質、糖質を見たとき、脂質が多い食べ物には気を付けましょう。

②食物繊維が豊富

食物繊維はダイエットに必要不可欠な栄養素です。
消化・吸収はされずに大腸までしっかり届くのが特徴。

便秘予防や整腸効果があり、ダイエット効果が期待できます。
また、食物繊維には、食後に分泌される肥満ホルモン(インスリン)の分泌を抑える効果も。

脂肪の蓄積を防いでくれるのです。
つまり、甘いものでも食物繊維が多く摂れるものを選べば太りにくくなります。

③タンパク質が豊富

食物繊維もそうですが、タンパク質もダイエットに欠かせない栄養素です。
タンパク質は筋肉の材料になる栄養です。

ダイエットで綺麗に痩せるためには、筋肉量を増やすことが一番の近道です。
なぜなら、筋肉が増えることで、カロリーを消費しやすく代謝の高い痩せやすい身体になれるから。

ダイエット中に甘いものが食べたくなったときは、タンパク質が豊富な食べ物を選んでみましょう。

④噛み応えがある

甘い物と言えば、生クリームなどふわふわとしたものをイメージするかもしれません。
しかし、ダイエット中はこういったスイーツ特有の柔らかい食感のものは避けた方が無難。

口の中でとろけるような柔らかいものほど、噛まずに飲み込んでしまいます。
“噛む”という行動はダイエットにおいてとても重要なこと。

噛むことには次のようなダイエット効果があります。

・消化吸収を高める
・食欲抑制の効果が期待できる
・満腹感を得ることができる
・カロリーを消費してくれる

ただ“噛む”だけでもこんなに大きなダイエット効果をもたらすのです。
柔らかく口の中でとろけるような食感の甘いものを食べたくなる気持ちもわかります。
しかし、ダイエット中はできるだけ噛み応えのあるものを選びましょう。

ダイエット中に甘いものを食べるときの最適な時間と頻度

「ダイエット中でも甘いものを食べたい!」

そう思ったときに注意してほしいのが、“食べる時間帯”です。

6~7時に起床した場合、12~15時が太りにくい時間帯になります。
この時間帯は、タンパク質のBMAL1が最も少ない時間です。

この時間は甘いものを食べても基本的には太りにくいというメリットがあります。
ライフスタイルによって昼夜が逆転しているような人は、起きてから7時間後を目安にしましょう。

ただし、太りにくい時間帯だからと言って毎日甘いものを食べて良いというわけではありません。
毎日甘いものを食べてしまったら、当たり前のことですが太りやすくなります。

食べすぎには注意して、程よくストレスを解消できるくらいの頻度にしておきましょう。

どうしても糖分が高い甘いものを食べたくなったときの対処法

太りにくい甘いものを選ぼうと思っても、どうしても糖分やカロリーが高いものを食べたくなるときもあるでしょう。
そんな時は、午後3時頃のタイミングがおすすめです。

“3時のおやつ”という言葉がありますよね。

その通りで、この時間帯は甘いものを食べるのに適している時間です。
なぜなら、午後3時は血糖値をコントロールする“膵臓”が最も活発に動いているから。

本当はできるだけ糖分の高いものは避けた方がいいですが、どうしてもというときはこのタイミングを狙いましょう。

運動をする前のタイミングもおすすめ

普段から体を動かす習慣がある方は、運動をする前のタイミングもおすすめ。
運動をするとエネルギーが消費されます。

つまり、甘いものを食べてもその分のカロリーをエネルギーとして消費できるということ。
結果、甘いものを食べても太りにくいという結果になります。

甘いものを食べるために運動をするという習慣をつけるとモチベーションも上がるのでおすすめです。

甘いものを食べる前にやっておいた方がいいおすすめの方法

甘いものを食べる前にやっておくと太りにくくなる方法があります。
それは、痩身施術を受けること。

痩身施術には、

・むくみを解消する
・代謝をあげて痩せやすい身体にする
・脂肪を燃焼する

などの効果があります。

痩身施術を受ける前に甘いものを食べても、結果的にエネルギーとして変わり、消費しやすくなるため太りにくくなります。
痩身施術には様々な種類がありますが、中でも効果的なのが当店「KANRAI」の「セルライトジュテ」です。

セルライトジュテには、

・温める
・はじける
・溶かす
・もみだす
・引き締める

の役割があり、通常の痩身エステに比べて大幅な血行促進と代謝アップの効果があります。
血行促進と代謝アップを促すことで。痩せやすい身体が作られるのも特徴のひとつ。

甘いものを食べても太りにくい体質に導くことができます。
そんな「セルライトジュテ」を受けられるのは、愛知県西尾市と岡崎市の小顔コルギ&ダイエット専門店「KANRAI」です!

「甘いものを食べても太りにくい身体を作りたい」
そんな方は、ぜひ一度お試しにいらしてみてください。