information

小顔になれる糸リフトとは?効果・種類・価格を解説!

近年になって医療技術も発展してきて様々な方法の小顔施術が増えてきました。

その中でも糸リフトは特に小顔効果のある施術として人気の方法です。

糸リフトとはどんな方法で小顔になれるのでしょうか?

施術の方法や効果、種類、価格など具体的な内容をまとめていきます。

小顔になりたいという方で糸リフトを検討されていた方はぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

そもそも糸リフトとは?どんな治療法で小顔になれる?

西尾市エステサロンKANRAIの糸リフト治療イメージ写真

糸リフトとはその名前の通り、顔に糸を挿入することでリフトアップをする治療です。

顔に直接糸を入れることにより、たるみやしわ、肌のハリを改善することができます。

糸リフトで使う糸には“コグ”というトゲのようなものがついているのが特徴。

それを顔の皮下組織に引っ掛けることで、顔をリフトアップさせることができます。

主にリフトアップの施術に使用されるため、海外では「スレッドリフト」と呼ばれています。

糸リフトに使用する糸は医療用の素材でできているのが基本です。

その中でも吸収性の溶ける糸と非吸収性の溶けない糸の2つがあります。

文字通り非吸収性の糸の場合はメンテナンスが必要になり非常に大変です。

一方で吸収性の糸は時間がたつと溶けるため安全性が高く、現在では吸収性の糸が主流になっています。

糸リフトの効果!小顔の他にどんな効果がある?

一般的に小顔効果があるといわれている糸リフト。

実は小顔効果だけではなく、他にも女性に嬉しい効果がたくさんあります。

たるみ改善効果

顔に糸を入れて吊り上げることで、フェイスラインがリフトアップしたるみが改善します。

ほうれい線や口角など、気になる部分を直接的にリフトアップできるのが糸リフトの魅力。

例えば切開のフェイスリフト手術などの場合、ほうれい線や口角までリフトアップするのは難しいと言われています。

また、糸リフトを定期的に行うことで、今後顔がたるみにくくなるという効果も。

糸リフトをすることでコラーゲン生成が増生し、肌のたるみをしっかり支えてくれるようになります。

小顔効果

たるみが原因で顔が大きく見えてしまう場合が多いです。

しかし、糸リフトでたるみを改善することにより、フェイスラインが整い小顔になれます。

肌のハリ・引き締め効果

糸が挿入されると肌に刺激が与えられ、コラーゲン生成が増生する効果があります。

その結果、肌のハリがアップし肌質改善が期待できる場合も。

顔に糸を入れるだけなのに美容効果が得られるのは嬉しいポイントですね。

糸リフトの効果はどれくらい持続する?

使用する糸の種類によっても異なりますが、効果は半年~3年ほど。

現在主流となっている吸収性の糸の場合、挿入後にだんだんと溶けていきます。

そのため、リフトアップ効果や小顔効果は次第に薄れていくのが基本です。

永久的に効果を持続させるためには、定期的に施術を受ける必要があります。

小顔になれる糸リフト施術の流れ

糸リフトは挿入する糸の本数によって効果が異なります。

単純に本数が多ければ多いほど効果が高くなるのが特徴です。

糸の種類や本数は施術を受けるクリニックによって変わりますが、片方4~5本が平均的。

糸リフトの手順の一例は以下の通りになります。

①顎下に糸を1本入れフェイスラインを作る。

特に脂肪の多い顎下に1本入れることでしっかりとしたフェイスラインが出来上がります。

②口の横に糸を1本入れて脂肪を横に移動させる。

マリオネットラインの解消に。

脂肪の量が多い場合はさらに1本挿入する。

③ほうれい線に糸を1本入れ、脂肪を斜め上に移動させる。

ミッドチークを高く見せ、ゴルゴラインが目立たなくなる。

挿入する糸の本数は顔の状態に合わせて変わります。

糸リフトのダウンタイム・痛みの強さは?

糸リフトのダウンタイムや痛みはそこまで強くはありません。

糸の挿入部分に腫れが出たり内出血が起こったりする可能性がありますが1週間ほどで治ります。

挿入部分はこめかみ付近のため髪の毛で隠すこともできそこまで気になることはありません。

1週間ほどは熱いお湯でのシャワーやサウナは避ける必要があります。

しかし、メイクは翌日から可能なため、つらいダウンタイムを過ごす必要もありません。

痛みに関しては、手術中と手術後の2回。

手術中は麻酔の注射を打ったかのようなチクッとした痛みがあります。

手術後は1週間ほどズキズキとした痛みを感じる場合がありますが、市販の痛み止めで軽減できるレベルです。

糸リフトに使われる糸の種類とそれぞれの価格相場

現在主流になっている吸収性の糸には主に次の4つの種類が使用されています。

どの糸も医療用として長年使用されているため安心です。

これらの糸の素材は体内に挿入し体液に触れることで加水分解され1~3年ほどで対外に排出されます。

PDO(PDS)

ポリジオキサノンという材料でできているエイジングケア用の糸リフト。

青色をしているのが特徴で、約6~12カ月効果が持続します。

特にコラーゲン生成の力が強いと言われており、肌にハリを与える効果も。

PDOは、次の3つの種類が主流です。

【バーブツーアンカー】

持続効果が短くお試しとしておすすめされることが多い糸リフト。

価格:30,000~40,000円

【テスリフトソフト】

メッシュ状の糸で脂肪委縮効果も期待できる。

価格:60,000~70,000円

【リードファインリフト】

リフトアップではなく主に肌質改善を目的として使われる糸リフト。

価格:200,000円前後

PLA

ポリ乳酸という材料でできたエイジング用の糸リフト。

植物を原料として生成されておりPDOより長持ちする特徴があります。

硬い素材のため、しっかりたるみを引き上げながら長持ちするのがメリット。

効果は約18カ月前後持続します。

【シルエットソフト】

FDA認可の吸収性糸。コグがコーン状になっているのが特徴。

価格:30,000~40,000円

PCL

ポリカプロラクトンという材料で生分解性ポリマーとして知られています。

効果の持続期間が約24~36カ月と長いのが特徴。

やわらかい素材であり、表情になじみやすくなっています。

【VOVリフトプレミアム】

長い持続効果のある糸リフト。

価格:50,000~60,000円

PLLA

医療用の生分解性ポリマーとして知られている素材。

硬い材質でたるみをしっかり引き上げることができます。

効果は約18カ月前後。

【集中ケアリフト】

PCLとPLLAの混合材質。コグが360度方向になっているのが特徴。

価格:60,000~70,000円

西尾市エステサロンKANRAI_糸リフト施術

針を刺さずに小顔になれる方法とは?

糸リフトは小顔効果のある治療法ですが、針を刺すことが前提です。

人によっては苦手な方だったり大きな痛みが伴ったりする可能性があります。

糸リフトの施術に不安がある方は、小顔コルギがおすすめです。

小顔コルギは、肌表面だけではなく筋肉や骨の深部へアプローチをかけていきます。

顔のむくみだけではなく、頭蓋骨の歪みや大きさを矯正していくことで、根本的な小顔を目指すことが可能。

糸リフトと同様、一度の施術で驚きの小顔効果を実感できるのも特徴です。

特に愛知県西尾市と岡崎市の小顔コルギ&ダイエット専門店「KANRAI」の施術がおすすめ。

「KANRAI式小顔コルギ」は、コルギに加えて美容整体と小顔整体の施術も融合しています。

糸リフトの場合、安くても30,000円以上しますが当店の小顔コルギは15,000円以内で施術可能。

一度目の施術は体験価格として5,800円で確かな小顔効果を体験していただけます。

高くて針を刺す糸リフトをする前に、ぜひ当店の小顔コルギをリーズナブルな体験価格で一度試してみてください