information

つらいふくらはぎのむくみを解消する方法とは?痩身エステの活用もおすすめ

ふくらはぎのむくみケアしていますか?

「むくみが気になる箇所」で最も多いのがふくらはぎ。

立った姿勢でも座った姿勢でもふくらはぎは常に下方向を向いているので、水分が溜まりやすい状態です。

これじゃあむくまない方がおかしいですよね。

ふくらはぎがむくむと、脚が太くなってしまうこと以外にも、だるさやひどい場合は痛みを感じる方もいます。

そんなふくらはぎのむくみ、放っておくと脂肪やセルライトが増えて後戻りできない状態になってしまうことも!

むくみはその日のうちにコツコツとケアして解消していくのがおすすめです。

そこで今回はむくんだふくらはぎのリセット方法と、痩身エステを活用したほうが良い症状について解説していきます。

むくみを解消してすっきり美脚を手に入れる為に、是非最後までチェックしてみてくださいね。

ふくらはぎがむくむ原因

むくみを解消するには、まずは原因を知ることから。

私たちの身体には2種類の水分が循環しています。

ひとつは血液。

血液は血管の中を通って全身を循環しているのですが、この循環は心臓の鼓動によって起こっています。

心臓は血液のポンプの役割をしているので、心臓がドキドキと動くたびに、血液が血管の中で動かされ、循環しているのです。

そしてもう一つがリンパ液です。

リンパ液はリンパ管を通って全身を循環し、体内の老廃物を回収する役割をしているのですが、このリンパ液には、血液でいうところの心臓のようなポンプの役目をするものがありません。

実はリンパ液は筋肉の動きを利用して循環しているのです。

筋肉を良く動かす部分はスッキリとしていて、動きが少ない部分がむくんでしまうのはその為です。

ふくらはぎは全身の中で下の部分にあるので、まず重力でリンパ液が溜まりやすい状況にあります。

また、座りっぱなしや立ちっぱなしなどふくらはぎが下方向を向いてほとんど動かさないような状況では、むくみはかなりひどくなってしまいます。

リンパ液にはポンプがなく、動かさずに下方向に長時間あることがふくらはぎがむくんでしまう理由なのです。

ふくらはぎのむくみチェック方法

見た目にわかる程にむくんでいたり、むくみによってだるさや痛みを感じる方はもちろん、実は、自覚症状のないむくみもとっても多いのです!

そこで簡単にむくんでいるかどうかをチェックできる方法をご紹介します。

今すぐにチェックできる方法ですので、是非試してみてください!

まず、ひざを立てた状態ですねをだします。

すねが見えるようにズボンなどはあげてくださいね。

そして、ひざと足首のちょうど中間ぐらいの位置の、骨の少し外側を親指で5秒程、ぐっと押してみてください。

離したときに指の形がつきましたか?

指の形が白く残ったり、へこみができたりした方はむくんでいます!

また、へこみがなかなか戻らない!という方は要注意!むくみはかなり悪化してしまっています。

むくみは放っておくと、脂肪やセルライトの増加の原因となり脚を太くしてしまいますので、しっかりとケアしてくことが大切ですよ。

ふくらはぎのむくみ解消方法

ふくらはぎのむくみの解消方法を3つご紹介します。

今日からでも始められるケアばかりですので、是非試してみて下さいね。

1、塩分やアルコールを控えて、水分摂取を心がける

自炊をするとき、身体の為に味が濃くなりすぎないように注意する方は多いですよね。

しかし、外食やコンビニ食などが続くと、知らぬ間に塩分を取りすぎてしまっているということはよくあります。

塩分は水分を抱え込む性質があるので身体の中の水分をうまく排出できずにむくんでしまいます。

そしてお酒を飲む方も要注意です。

アルコールを体内で分解するとき、たくさんの水分を消費する上に利尿作用のあるので、体内が水分不足となり、排出されるはずの老廃物が排出されずむくんでしまいます。

塩分やアルコールの摂りすぎがむくみの原因となっているという方は、積極的に水分摂取をするように心がけましょう。

水を飲みすぎるとむくみのでは?とお思いの方もいますが、じつは逆なのです。

綺麗な水分を体内にしっかり入れてあげることで循環が高まり、老廃物が排出されやすくなり、むくみの解消に繋がります。

1日の水分摂取量の目安は体重×40CCと言われています。

これは50キロの方で約2リットルの計算になります。

普段の食事からも水分はとっているのでまずは2時間に1回、コップ1杯の水を飲む習慣をつけることから始めましょう。

2、お風呂に入ってゆっくりとマッサージをする

実はむくみと冷えは密接な関係にあり、冷えがむくみの原因となったり、むくみが冷えを悪化させることもあります。

そこで毎日のお風呂でしっかりと身体を温めて冷えとむくみをダブルで解消していく方法もおすすめです。

お風呂の中は水圧があるので、むくみのケアには最適なのです。

お風呂に入ることで身体の芯から温まり、全身の循環が高まるのでむくみの解消につながります。

また、足先からひざに向かってマッサージをすることで更に循環を高めることができるので、お風呂に浸かってのマッサージが特におすすめなのです。

お風呂では知らぬ間に汗をかいていますので、少し多めの水分摂取も忘れずに行ってくださいね。

3、着圧ソックスを活用する

忙しくてなかなかケアできないという方にもおすすめなのが着圧ソックスです。

着圧ソックスは足首から膝や脚の付け根まで段階的に圧がかかるように設計されているので、履いているだけで、マッサージをしているように外側から循環を助け、むくみを予防したり解消したりする効果が期待できます。

日中に座りっぱなしや立ちっぱなしが多い方は予防の為に使用するのがおすすめですし、夜にむくみケアがなかなかできないという方は睡眠時用の着圧ソックスを履いて寝るだけのむくみケアもおすすめです。

こんな症状がある方は痩身エステの活用がおすすめ

簡単なふくらはぎ解消方法をご紹介しましたが、むくみ過ぎて本来の脚の太さがわからないという方や、本当にむくみケアがしっかりできているか不安という方も多いのではないでしょうか。

そんな方は痩身エステでプロにケアしてもらうのがおすすめです。

特に、むくみチェックでへこみが出来た方やへこみが戻らない方はむくみが悪化している可能性が高く、セルフケアでのむくみ解消は難しいかもしれません。

そんな方はセルフケアも試しつつ、一度痩身エステデカウンセリングを受けたり、体験メニューを受けて見て自分にあった方法があるかを確認してみることをおすすめします。

愛知県西尾市のエステサロンKANRAIのセルライトジュテは、むくみでお悩みの方にはとってもおすすめのメニューです。

KANRAIのセルライトジュテは、高周波での深部の温めとマッサージを同時に行う施術でしっかりとむくみケアが可能。

お客様のお悩みや要望に合わせてお手入れしていくので安心です。

セルフケアでは心配という方にこそ、是非一度試していただきたいメニューとなっています。

初回の体験もご用意しておりますので、気になった方はお気軽にお問合せ下さいね!