information

目指せほっそり美脚!今日からできる脚痩せ習慣とは

きゅっと引き締まった足首から、スラリと伸びる脚

程よい筋肉がついたふくらはぎに、上を向いた小さい膝

そして隙間のあるすっきりとした太もも

モデルさんのようにきれいな脚、あこがれますよね。

ふと鏡に映った脚を見て「あれ?なんか太くなった?」なんて思ったことありませんか?

実は、脚の太さは日々変動しているのです。

「脚が細くなりたい!」と思って、ダイエットをしてもなかなか落ちない下半身。

実は、生活習慣やちょっとした心がけが、脚やせに大きく関わっているのです。

ここでは、下半身太りの原因や脚やせの為の今日からできる脚痩せ習慣をご紹介していきます。

脚が太くなるメカニズムとは?

脚が太くなってしまうメカニズムには、筋肉と脂肪が大きく関係しています。

下半身太りを気にされている方のほとんどは筋肉と脂肪の両方が原因となっている方が多いです。

では、それぞれを詳しく説明していきますね。

筋肉による脚の太さとは?

筋肉は身体を動かすために必要不可欠ですが、筋力トレーニングなどのように強い負荷が加わると組織が成長し、大きくなる性質を持っています。

筋トレをして力こぶを作ったり腹筋を割ったりというのは、この性質によるもので、利き腕のほうが反対の腕よりも太いのもこの為です。

バランスよく筋肉を使ってごく普通の生活をすれば、筋肉で脚が太くなることはほとんどありません。

しかし、片足だけに重心をかけていたり内側や外側に偏った力の入れ方で歩いたりなどバランスの悪い筋肉の使い方をすると、ついてほしくない場所の筋肉が成長してしまい、その結果気づかないうちに「脚が太く見えなっていた」ということになるのです。

脂肪による脚の太さとは?

「太った」と思ったとき真っ先に「脂肪がついたんだ」と思いませんか?

食べ過ぎや運動不足で摂取したカロリーを消費できずにいると、身体の中に脂肪が蓄積されるというのはご存じだと思います。

しかし、食べ過ぎや運動不足で体脂肪が増える場合、まずは内臓脂肪に蓄積されます。

脚に脂肪がつくのは順番からいうとずいぶん後になります。

ではなぜ、脚だけが太っているように感じるのでしょうか。

<h2>脚に脂肪がつく原因は実は「むくみ」だった</h2>

下半身に脂肪がつく原因、それは「むくみ」なのです。

体の中には2種類の液体が流れています。

一つは「血液」もう一つは「リンパ液」といわれるものです。

人間は2足歩行なので常に脚が下方向にありますよね。しかし、「血液が脚にたまる」ということはありません。

なぜなら、血液は心臓がポンプの役割をして休むことなく全身に血液を循環されているからです。

しかし、リンパ液は心臓のポンプを介しません。実はリンパ液はリンパ管の中を筋肉の動きを利用してゆっくりゆっくり流れているのです。

リンパには老廃物や余分な水分を回収しろ過する役割がるので、リンパの流れが滞ると老廃物や余分な水分は回収されず、その場にたまってしまいます。

それこそが「むくみ」なのです。

むくみが脂肪に変わる!?下半身に脂肪がつくまでの流れとは

睡眠中以外のほとんどの時間下方向を向いている下半身にむくみが起きやすいということはお分かりいただけたと思います。

ではどうしてむくみが下半身の脂肪を増やす原因となるのでしょうか。

むくみができるということは、循環が悪く老廃物がたまってしまっている状態です。

リンパの循環が悪くなると、その部位は血液の流れも悪くなり冷えが発生します。

冷えが発生すると、身体は脳にSOSを出し冷えから守るために脂肪を送り込むよう指示します。そうするとその部位に脂肪が増えます。

結果的に、むくみが原因で脂肪が増えたということになるのです。

更に、これ以上冷えが悪化しないようにとその場にたまっている老廃物と脂肪組織が絡み合い結び付いてセルライトを形成します。

お尻や太ももの裏などに良く見られるセルライトは、こうして形成されるのです。

タイプ別!今日からできる脚痩せ習慣

下半身太りの原因がわかっても、どうやったら脚痩せできるかわからないと意味がありませんよね。

実は、毎日のちょっとした習慣を変えるだけでも下半身太り対策は可能です。

そこで、あなたの下半身の脂肪のタイプに合わせた習慣をご紹介します。

触ると柔らかいぷよぷよ脂肪

気になる部分を触るとやわらかくぷよぷよしている方はむくみ対策が効果的。

まずは日々のむくみを解消することから始めましょう。

むくみを解消するには、まずよく動かすことです。

・ふくらはぎむくみ解消運動

やり方は簡単です。

片足を宙に浮かせた状態で大きく円を描くように足先を回します。この時にふくらはぎの筋肉がしっかり伸びたり縮んだりしているかを意識してくださいね。

右回りと左回りを各10回ずつ立ちっぱなしや座りっぱなしの時に行ってください。

・ゴキブリ運動

横になって脚を天井に向かって垂直になるように上げ、ぶらぶらと小刻みに(まさしくゴキブリを意識して)揺らします。

脚にたまった水分を押し戻す運動ですので3分以上しっかり行ってくださいね。

硬くてつまめないぼこぼこセルライト

硬くてつまめない方は筋肉が発達して脚を太く見せている可能性があります。

姿勢や立ち方、歩き方の習慣を変えて脚の形を整えましょう。

そして硬くてつまむと痛いもしくはつまめない方や皮膚がぼこぼこと見える方はセルライトができている可能性が高いです。

ふくらはぎや太ももの外側が大きくなっている場合、外側を重心にして生活していることが多いです。

・座った姿勢では、背筋を伸ばし膝と膝をくっつけて座る

・立ったり歩いたりするときには、親指側に力を入れる

この二つを心がけてみてください。

筋肉の大きさを変えて脚の形を整えるのには時間がかかりますが、この二つの習慣が当たり前となるころにはスラリとまっすぐな脚に近づいているはずです。

頑固なセルライトのセルフケア方法はある?

セルライトをケアするには温めともみほぐしが重要なポイントです。

まずは下半身を絶対に冷やさないように心がけましょう。

少し熱めのお湯を溜めたお風呂に浸かったり、セルライトがある部分を5本の指ではじくようにつまんでは離すマッサージをしたりするのも効果的です。

しかしながら、頑固なセルライトをセルフケアで解消するのは難しいです。

しっかりケアして下半身痩せを目指したいという方は、プロの手に任せるのもおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?

食事制限のダイエットではなかなか成功しづらい脚痩せ。

毎日の生活に脚痩せ習慣を取り入れてすっきり美脚を目指しましょう。

そして、「本格的に脚痩せしたい!」という方には、愛知県西尾市のエステサロンKANRAIのセルライトジュテがおすすめです。

KANRAIのセルライトジュテは高周波での深部の温めとマッサージを同時に行う施術で、「どうしてもここが痩せたい!」というお客様の要望やこだわりに合わせてお手入れしていきます。

結果重視の方にこそ、是非一度試していただきたいメニューとなっています。 初回の体験もご用意しておりますので、気になった方はお気軽にお問合せ下さいね!