information

フォトフェイシャルのやりすぎには注意!効果的な回数や頻度は?

フォトフェイシャルはしみやそばかすなど、根本的な肌トラブルを改善するための美容施術のひとつです。

他にも肌のハリや小じわの回復など、美容に嬉しい効果がさまざまで、手軽にできる美容法として人気があります。

しかし、フォトフェイシャルは一回の効果がほとんどなく、複数回施術が必要です。

回数をかけなければいけないのは確かですが、やればやるほどいいというわけではありません。

やりすぎてしまうと肌トラブルを起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。

今回は、フォトフェイシャルの効果的な回数や頻度について解説していきます。

そもそもフォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは、光治療器のIPL(Intense pulsed light)を使った美容施術です。

肌トラブルの原因であるメラニンにダメージを与える効果があり、しみやそばかす、くすみなどの悩み改善の効果があります。

また、肌トラブル改善だけではなく、美肌効果も期待できるのがフォトフェイシャルの最大のメリット。

IPLにはコラーゲンの生成効果もあり、肌の内側から美肌効果が期待できます。

肌のハリやキメも整い、老化防止にも効果的。

肌の表面を傷付けず内側からアプローチをしていく美容施術であるため、ダウンタイムも短く安全度の高い方法として人気です。

ダウンタイムが少ないため、施術直後からメイクができるのも気軽に受けられるポイントのひとつです。

フォトフェイシャルには回数が必要な理由

今の時代、1回の施術だけでも十分効果が得られる美容施術も多いものです。

フォトフェイシャルも1回では全く効果がないというわけではありませんが、複数回受けるのが必須です。

では、フォトフェイシャルはなぜ回数が必要になるのでしょうか?

フォトフェイシャルで使われるIPLは様々な波長が帯状になって照射される特徴があります。

特にメラニンにダメージを与えながら複数の肌悩みにアプローチすることができるのです。

従来のレーザー治療は一つの強い波長で肌にアプローチするものが多くありました。

しかしフォトフェイシャルは波長が満遍なく広めに照射されるため、一つの波長による施術に比べて、レーザーの強度が弱いという特徴があります。

そのため、ある程度の回数を重ねなければ効果が出ないのです。

とはいうものの、レーザーの強度が弱いからと言って、それが一概に“回数がかかる理由”になるとも限りません。

フォトフェイシャルで最も重要なのは、「顔全体の質と色調を均一にしながら肌悩みを改善していくこと」です。

1回1回の確かな効果をしっかり引き継ぎながら、徐々に肌を変化させつつアプローチしていくことが大切。

だからこそ、継続性や老化防止の効果があると言えます。

継続してフォトフェイシャルを受けるメリットとは

フォトフェイシャルは継続して行うことで、肌悩みの根本を解決します。

しみやそばかすなどの悩みを改善することはもちろん、再度そのトラブルに悩まされないよう、さらに健康的な肌に仕上げることができるのがメリットです。

肌のトラブルは1回の施術では解決しない悩みがたくさんあります。

しかし、フォトフェイシャルは継続することで、再度悩まないように根本から健康で綺麗な肌を作ることができるのです。

フォトフェイシャルは、肌悩みの改善だけではなく、元の肌を作りたい方やアンチエイジングをお考えの方におすすめの美容法です。

フォトフェイシャルのやりすぎに注意!

冒頭でもお伝えした通り、フォトフェイシャルは複数回施術を受ける必要がありますが、やりすぎには要注意です。

フォトフェイシャルやりすぎには以下の2つの種類があります。

①照射の強さの“やりすぎ”

まず一つ目は、照射の強度の“やりすぎ”です。

本来フォトフェイシャルのレーザーの強さはとてもマイルドで弱いのが基本。

しかし、エステサロンにある光機器などは、やけどを起こしてしまうほどの威力はあるものです。

中でもIPLはメラニン色素に反応しやすい波長であるため、1回でも照射の強度を強くやりすぎてしまうと、やけどを起こしてしまう可能性があります。

レーザーの強度は強ければ強いほどいいというわけではありません。

自分の肌質・肌状態に合わせた強度でしっかり照射を行ってもらうようにしましょう。

②照射の回数の“やりすぎ”

二つ目は、単純にフォトフェイシャルの回数の“やりすぎ”です。

フォトフェイシャルは通常、肌のターンオーバーを考え多くても1ヶ月~1ヶ月半に1回の施術が理想と言われています。

これ以上は“やりすぎ”と言われる範囲内です。

「早くしみをなくしたい」

「肌をすぐに綺麗にしたい」

そんな気持ちも分かりますが、間隔は詰めすぎずバランスよく施術を受けましょう。

フォトフェイシャルの頻度を増やしてしまうと、実は肌にストレスを与えてしまいます。

肌はストレスを感じると色素が増えてしまう傾向があり、返って色素沈着の原因になってしまうことも。

1週間に1度といったペースでもやりすぎです。

間隔や回数をしっかり考えながらフォトフェイシャルを実践していきましょう。

最低でも2~3週間間隔をあける

上記でもお伝えした通り、フォトフェイシャルは1ヶ月~1ヶ月半に1回の施術が理想です。

どうしても間隔を詰めて通いたいという場合でも、最低2~3週間は間隔をあけるようにすることが推奨されています。

医師やサロンスタッフのアドバイスにしっかり沿って、健康的な美容を目指しましょう。

フォトフェイシャルは5回以上受けるのが理想

効果的な施術回数としておすすめしているのは5回です。

効果の現れ方には個人差がありますが、最低でも5回以上受けることで十分な効果が得られるでしょう。

もちろん、5回以上施術を受けたあとでも、再度受けることは可能です。

定期的な肌のメンテナンスとしてフォトフェイシャルを受けている方もいます。

自分に合った美容法であればあなたもメンテナンスケアとして使ってみるのも良いでしょう。

施術前に肌状態の確認をしっかり行っておくことが大切

フォトフェイシャルの施術を受ける前の注意点として、自身の肌状態の確認はしっかり行いましょう。

肌状態の確認を十分に行わずIPLの照射をしてしまうと、色素沈着が出てしまうことがあります。

特に私たち日本人のような黄色人種の肌はメラニン色素が濃いので照射反応を受けやすいです。

フォトフェイシャルを行う際は多少のリスクが伴うということを忘れないようにしておきましょう。

フォトフェイシャル受けるなら「KANRAI」

フォトフェイシャルを検討されている方は、KANRAIの光フォトフェイシャルがおすすめです。

しみ、そばかす、しわ、くすみ、毛穴など、トラブルの原因にIPLでアプローチしてアンチエイジングケアを行います。

素肌に負担をかけないように行うので安全です。

トラブルを改善しながら、肌のコラーゲンを増加させキメとハリのある肌へ導きます。

体験価格は5,500円とリーズナブルです。

ぜひ一度、愛知県西尾市のエステサロンKANRAIにて、光フォトフェイシャルをお試しください。