information

ダイエットに甘いもの厳禁は間違い!?ダイエット中におすすめの甘いもの

「ダイエット中の食事制限は常識!」と太りにくい食生活にチェンジする方、多いのではないでしょうか。

太りにくい食生活で満足できる方は、そもそもダイエットは必要ありませんよね。

特に甘いものが好きな方は、ダイエット中に甘いものが食べられないというのはかなりのストレスになってしまうのではないでしょうか。

甘いものを食べると脳内に通称「幸せホルモン」と呼ばれている物質が分泌されて、幸福を感じやすくなるので、「甘いものだけはやめられない!」というのは脳科学的にもあり得ることなのだそうです。

実はそんな甘党さんの味方となってくれる、ダイエット食材があるのです!

今回はダイエット中でもたまには甘いものが食べたい!という方におすすめのあま~いダイエット食材をご紹介します。

どうしてダイエット中は甘いものを食べちゃダメなの?

「甘いものを食べると太る」と聞いたことはありませんか?

それは事実なのでしょうか。

甘いものを食べたとき身体の中でどのようなことが起こるのかを知れば、どうしてダイエットに甘いものが厳禁なのかがわかります。

2つのポイントがありますので、解説していきますね。

ポイント1 血糖値の急上昇

甘いものを食べると、糖分が吸収されて血液中の糖の値である血糖値が上昇します。

血糖値が上がると、身体は血糖値をもとの状態に戻そうとします。

そこで血糖値を下げるためにインスリンという物質が分泌されます。

空腹の状態で甘いものを食べたり、一気にたくさんの甘いものを食べたりすると、血糖値が急激に上昇します。

すると血糖値を下げるためのインスリンが必要以上に分泌されてしまうのです。

インスリンは血中の糖分を脂肪に変えて蓄積しようとする働きがあるので、過剰に分泌されるとその分、脂肪を蓄えようとする作用が高まります。

その結果太るということにつながるので、甘いものを食べると太ると言われているのです。

そこで重要なのがGI値です。

GI値とは、食べたものが体内に吸収されたときにどのくらい血糖値を上昇させるかを表した数値のことです。

GI値が高い食品は血糖値を急上昇させ、中性脂肪を増やす可能性が高くなります。

GI値の高い食品は炭水化物が中心ですが、その中でも砂糖は他の食品と比べてGI値がかなり高いのです。

甘いもののほとんどは砂糖が使われていますよね。

これがダイエットに甘いものは禁物といわれる理由のひとつなのです。

ポイント2 脂肪燃焼の妨げ

ダイエットをするということは、体内に蓄えられている脂肪をエネルギー源として燃焼させて、中性脂肪を減らすことが重要です。

そこで、身体をいかに脂肪を燃焼させやすい状態にするかというのがポイントになるのですが、実は脂肪はそう簡単には燃焼してくれません。

ダイエットのために有酸素運動をする際、20分以上は必ず有酸素運動を続ける必要があるというのを聞いたことがありませんか?

これは実は、身体のエネルギー源には燃焼効率の良いように順番があるのです。

有酸素運動などで身体がエネルギーを必要とするとき、まずは血中の糖がエネルギー源として使用されます。

そして、血中に燃焼させることができる糖が少なくなって初めて、体内に蓄積されている中性脂肪をエネルギー源として使い始めるのです。

つまり、糖はエネルギー源になりやすく、脂肪を燃焼させるエンジンがかかるまでには時間がかかるということ。

そこで、甘いものや炭水化物などで糖質の高いものを食べると、血中の糖が増えるので、優先的に糖質がエネルギー源となり、体内の脂肪がエネルギー源として消費されにくくなってしまい、せっかく有酸素運動などをしてもダイエット効果が得られにくいのです。

効率よく脂肪を燃焼させるためには、なるべく糖質をおさえた食事を摂るということが大切です。

身体にとってエネルギーは必要なので、糖質を全くとらないのは逆に危険なので適度な糖質は必要なのですが、ケーキやクッキーなどの糖質と脂質がたっぷり含まれているものはダイエットには大敵です。

ダイエット中におすすめの甘いもの「アガベシロップ」

ダイエット中には、脂肪の燃焼効率を上げるためにも、血糖値が急上昇するような糖質やGI値の高い食べものはなるべく控えたほうが良いとご紹介しました。

だけど、ダイエット中に甘いものを一切禁止するとストレスにつながって逆効果!なんていうことにならないためにも程度に甘いものを食べて幸せホルモンを分泌させることも必要です。

そこでおすすめなのが「アガベシロップ」

アガベシロップは、テキーラの原料にもなっているアガベという植物から抽出して作られている甘いシロップです。

欧米では、はちみつやメープルシロップと同じかそれ以上に需要のあるシロップです。

アガベシロップははちみつやメープルシロップと同じような用途で使えるものなのですが、天然の甘味料の中で一番GI 値が低いと言われています。

アガベシロップのGI値はリンゴよりも低く、なんと白砂糖の5分の1ほどしかありません。

そして、お砂糖よりも甘味が強く、白砂糖の1.5倍の甘さと言われています。

はちみつよりもメープルシロップに近いようなさらりとしたシロップで、とても甘く味に癖が少ないので、どんな料理にも使えて少量でしっかり甘くなるので使いすぎこともなく安心です。

さらに、アガベシロップは大腸のビフィズス菌を増やす作用もあるので、ダイエット中で便秘になりやすいという方にとっては強い味方になってくれます。

アガベシロップの活用方法は?

アガベシロップはダイエットに甘いものを食べたいときに味方となってくれるシロップなのですが、味に癖が少なくどんな料理にも使いやすいのも特徴です。

ダイエット中に甘いものが食べたくなったときには、プレーンヨーグルトの甘味付けとして使ったり、紅茶やココアなどに溶かして甘くして飲むのもおすすめです。

また、アガベシロップは加熱調理にも使えるので、煮物の甘味付けにも使えますし、ドレッシングの材料などにもピッタリです。

白砂糖の代用として色々な場面で活用できるので、ダイエット中に限らず健康志向の方におすすめです。

ただし、アガベシロップには注意点もあります。

アガベシロップは肝臓で分解されるので過剰に摂取すると肝臓への負担となってしまいますので大量摂取はおすすめできません。

あくまでも甘味料として活用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

必ずしもダイエット中に甘いものは厳禁!というわけではないことをお分かりいただけたでしょうか。

ダイエット中でも糖質の急上昇や脂肪燃焼の妨げとならないよう注意しながら、上手に甘いものを取り入れて、なるべくストレスフリーなダイエットを続けていきましょう!

また、ダイエットを必ず成功させたい、食事のコントロールが苦手という方にはKANRAIのイヤーセラミックダイエットがおすすめです。

イヤーセラミックダイエットは、自分ではなかなか変えられない食生活を見直して栄養バランスを管理する食事療法と骨盤のゆがみなどを整えて代謝を上げる美容整体の組み合わせで理想の体重と美しいボディラインを手に入れるためのプログラムです。

過度な食事制限や激しい運動はなく、週2回程度毎回15~30分通えばOKなので安心です。

自分一人でのダイエットに限界を感じている方に特におすすめです。

無理なく、ストレスなくダイエットに取り組みたい方は是非チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です