西尾市で小顔コルギ,痩身ダイエットが評判のエステサロンはKANRAI
KANRAI

フォトフェイシャルのやりすぎには注意!効果的な回数や頻度は?

フォトフェイシャルはしみやそばかすなど、根本的な肌トラブルを改善するための美容施術のひとつです。

他にも肌のハリや小じわの回復など、美容に嬉しい効果がさまざまで、手軽にできる美容法として人気があります。

しかし、フォトフェイシャルは一回の効果がほとんどなく、複数回施術が必要です。

回数をかけなければいけないのは確かですが、やればやるほどいいというわけではありません。

やりすぎてしまうと肌トラブルを起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。

今回は、フォトフェイシャルの効果的な回数や頻度について解説していきます。

そもそもフォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは、光治療器のIPL(Intense pulsed light)を使った美容施術です。

肌トラブルの原因であるメラニンにダメージを与える効果があり、しみやそばかす、くすみなどの悩み改善の効果があります。

また、肌トラブル改善だけではなく、美肌効果も期待できるのがフォトフェイシャルの最大のメリット。

IPLにはコラーゲンの生成効果もあり、肌の内側から美肌効果が期待できます。

肌のハリやキメも整い、老化防止にも効果的。

肌の表面を傷付けず内側からアプローチをしていく美容施術であるため、ダウンタイムも短く安全度の高い方法として人気です。

ダウンタイムが少ないため、施術直後からメイクができるのも気軽に受けられるポイントのひとつです。

フォトフェイシャルには回数が必要な理由

今の時代、1回の施術だけでも十分効果が得られる美容施術も多いものです。

フォトフェイシャルも1回では全く効果がないというわけではありませんが、複数回受けるのが必須です。

では、フォトフェイシャルはなぜ回数が必要になるのでしょうか?

フォトフェイシャルで使われるIPLは様々な波長が帯状になって照射される特徴があります。

特にメラニンにダメージを与えながら複数の肌悩みにアプローチすることができるのです。

従来のレーザー治療は一つの強い波長で肌にアプローチするものが多くありました。

しかしフォトフェイシャルは波長が満遍なく広めに照射されるため、一つの波長による施術に比べて、レーザーの強度が弱いという特徴があります。

そのため、ある程度の回数を重ねなければ効果が出ないのです。

とはいうものの、レーザーの強度が弱いからと言って、それが一概に“回数がかかる理由”になるとも限りません。

フォトフェイシャルで最も重要なのは、「顔全体の質と色調を均一にしながら肌悩みを改善していくこと」です。

1回1回の確かな効果をしっかり引き継ぎながら、徐々に肌を変化させつつアプローチしていくことが大切。

だからこそ、継続性や老化防止の効果があると言えます。

継続してフォトフェイシャルを受けるメリットとは

フォトフェイシャルは継続して行うことで、肌悩みの根本を解決します。

しみやそばかすなどの悩みを改善することはもちろん、再度そのトラブルに悩まされないよう、さらに健康的な肌に仕上げることができるのがメリットです。

肌のトラブルは1回の施術では解決しない悩みがたくさんあります。

しかし、フォトフェイシャルは継続することで、再度悩まないように根本から健康で綺麗な肌を作ることができるのです。

フォトフェイシャルは、肌悩みの改善だけではなく、元の肌を作りたい方やアンチエイジングをお考えの方におすすめの美容法です。

フォトフェイシャルのやりすぎに注意!

冒頭でもお伝えした通り、フォトフェイシャルは複数回施術を受ける必要がありますが、やりすぎには要注意です。

フォトフェイシャルやりすぎには以下の2つの種類があります。

①照射の強さの“やりすぎ”

まず一つ目は、照射の強度の“やりすぎ”です。

本来フォトフェイシャルのレーザーの強さはとてもマイルドで弱いのが基本。

しかし、エステサロンにある光機器などは、やけどを起こしてしまうほどの威力はあるものです。

中でもIPLはメラニン色素に反応しやすい波長であるため、1回でも照射の強度を強くやりすぎてしまうと、やけどを起こしてしまう可能性があります。

レーザーの強度は強ければ強いほどいいというわけではありません。

自分の肌質・肌状態に合わせた強度でしっかり照射を行ってもらうようにしましょう。

②照射の回数の“やりすぎ”

二つ目は、単純にフォトフェイシャルの回数の“やりすぎ”です。

フォトフェイシャルは通常、肌のターンオーバーを考え多くても1ヶ月~1ヶ月半に1回の施術が理想と言われています。

これ以上は“やりすぎ”と言われる範囲内です。

「早くしみをなくしたい」

「肌をすぐに綺麗にしたい」

そんな気持ちも分かりますが、間隔は詰めすぎずバランスよく施術を受けましょう。

フォトフェイシャルの頻度を増やしてしまうと、実は肌にストレスを与えてしまいます。

肌はストレスを感じると色素が増えてしまう傾向があり、返って色素沈着の原因になってしまうことも。

1週間に1度といったペースでもやりすぎです。

間隔や回数をしっかり考えながらフォトフェイシャルを実践していきましょう。

最低でも2~3週間間隔をあける

上記でもお伝えした通り、フォトフェイシャルは1ヶ月~1ヶ月半に1回の施術が理想です。

どうしても間隔を詰めて通いたいという場合でも、最低2~3週間は間隔をあけるようにすることが推奨されています。

医師やサロンスタッフのアドバイスにしっかり沿って、健康的な美容を目指しましょう。

フォトフェイシャルは5回以上受けるのが理想

効果的な施術回数としておすすめしているのは5回です。

効果の現れ方には個人差がありますが、最低でも5回以上受けることで十分な効果が得られるでしょう。

もちろん、5回以上施術を受けたあとでも、再度受けることは可能です。

定期的な肌のメンテナンスとしてフォトフェイシャルを受けている方もいます。

自分に合った美容法であればあなたもメンテナンスケアとして使ってみるのも良いでしょう。

施術前に肌状態の確認をしっかり行っておくことが大切

フォトフェイシャルの施術を受ける前の注意点として、自身の肌状態の確認はしっかり行いましょう。

肌状態の確認を十分に行わずIPLの照射をしてしまうと、色素沈着が出てしまうことがあります。

特に私たち日本人のような黄色人種の肌はメラニン色素が濃いので照射反応を受けやすいです。

フォトフェイシャルを行う際は多少のリスクが伴うということを忘れないようにしておきましょう。

フォトフェイシャル受けるなら「KANRAI」

フォトフェイシャルを検討されている方は、KANRAIの光フォトフェイシャルがおすすめです。

しみ、そばかす、しわ、くすみ、毛穴など、トラブルの原因にIPLでアプローチしてアンチエイジングケアを行います。

素肌に負担をかけないように行うので安全です。

トラブルを改善しながら、肌のコラーゲンを増加させキメとハリのある肌へ導きます。

体験価格は5,800円とリーズナブルです。

ぜひ一度、愛知県西尾市のエステサロンKANRAIにて、光フォトフェイシャルをお試しください。

鎖骨マッサージで小顔になれる?セルフケアで小顔になる方法とは

写真にうつった自分の顔と隣の友人の顔を比べて、自分の顔の大きさにショックを受けたことはありませんか?

「小顔になりたいけど、生まれつきだし仕方がない」「ダイエットしても顔は小さくなったことないし」などとあきらめるのはまだ早いかもしれません。

ちょっとした心がけや簡単にできるセルフケアでも小顔になる方法があるのです。

今回はそんな、小顔をあきらめかけているあなたへ、顔が大きくなってしまう原因やその解消法、小顔になるための簡単セルフケア方法をご紹介していきます。

誰にでも今日から始められる方法ですので、是非チェックしてみてくださいね。

小顔になれない理由は「むくみ」が関係している!?

朝起きたときに「顔がむくんでいる」と感じることはありませんか?

お昼過ぎにはいつも通りの顔になるからと放置してしまっていませんか?

実はむくみは気づかないうちに少しずつ蓄積されて、そんなむくみが蓄積した状態が「いつも通りの顔」になってしまっている可能性があるのです。

そんな顔のむくみを引き起こす原因についてご紹介していきます。

水分不足

あなたの身体にどのくらいの水分があるか知っていますか?

実は、人間は身体の50~60%が水分でできていると言われています。

そんな私たちの身体にとって必要不可欠な水分が不足することが実はむくみの原因となっている場合があるのです。

「水分を多くとったほうがむくむ」と思っている方も多いのですが、身体に不必要な水分は通常、身体の中を循環して尿や汗として排出されていきます。

しかし、身体が水分不足の状態が続くと、身体は危機状態となり水分を貯めこもうと働きます。

その働きこそがむくみとなってしまうのです。

むくみの原因は水分の摂り過ぎではないので、しっかりと水分を摂って循環を高めることが大切なのです。

塩分やアルコール

味の濃いものを食べたり、飲み会でお酒を飲んだりした翌日に顔がいつもよりむくむことはありませんか?

塩分の多いものを食べると、血中の塩分濃度が高まります。

それを中和するために体内の水分が消費されてしまいます。

また、アルコールを分解するのにも大量の水分が必要です。

その為、身体は水分不足となり、むくみにつながってしまうのです。

塩分やアルコールを摂取したときには、いつもより多くの水分を摂るように心がけることが大切です。

肩こり

水分不足や塩分・アルコールが原因でむくんでしまうということは知っていたという方もいるかもしれませんが、実は、慢性的な肩こりが慢性的にあなたの小顔を邪魔している可能性もあるのです。

肩が凝っている状態は、肩や首などの血流が悪くなって筋肉がこわばってしまっている状態です。

首や肩回りの循環が悪くなることが顔のむくみにつながってしまうのです。

デスクワークや長時間のスマホ使用などで首や肩が凝りやすい毎日ですので、しっかりほぐして循環を高めることが顔のむくみを解消し、小顔への第一歩となるのです。

簡単にできるセルフケア方法

顔のむくみを解消するには、しっかりと水分を摂ることと、首・肩回りの循環を高めることが大切であることをご紹介しました。

そこで、首や肩回りの循環を高める簡単なセルフケア方法をご紹介します。

  • 肩を回す

ひじを曲げて指を肩先にのせた状態で、肩を回していきます。

この時ひじで大きな円を描くイメージで、肩甲骨が動くように大きく動かしましょう。

両肩10回ずつを目安にしっかり回しましょう。

  • 耳たぶを回す

人差し指の側面と親指を使って耳たぶをつまんで回します。

耳全体が動くように大きな円を描きながらゆっくりと回しましょう。

前方向、後ろ方向にそれぞれ10回ずつ回します。

耳たぶの裏には水分や老廃物を排出させるのに大切なリンパ節があります。

耳たぶをゆっくり回すことでリンパ節をやさしく刺激し、排出を促すことで顔のむくみ解消につながります。

  • 鎖骨を刺激する

鎖骨の下にもリンパ節があります。

4本の指を鎖骨のくぼみにフィットするように置いてやさしく押さえます。

リンパ節はとてもデリケートですので、心地良い力加減でやさしく刺激しましょう。

両側5回~10回ずつで十分です。

以上の3ステップを朝の洗顔後などに試してみてください。

難しい工程もなく、3分ほどの時間でできますので、毎朝の習慣として取り入れて、毎日少しずつ蓄積してしまう顔のむくみをすっきりさせましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットなどをしてもなかなか小顔になれなかったという方は是非正しい水分摂取と簡単セルフケアを試してみてくださいね。

血流の改善につながるので、全身のむくみやだるさも吹き飛ぶかもしれませんよ。

それでもなかなか理想の小顔に近づけないという方は、プロの手を借りましょう。

KANRAI式小顔コルギは「1回の施術ですっきりした!」「しっかり効果を実感できる」と好評の小顔のためのメニューです。

むくみやコリの解消だけでなく、頭蓋骨の歪みや大きさを矯正するので、効果の実感が早いのです。

セルフケアの限界を感じている方は是非一度プロの小顔コルギを受けてみてはいかがでしょうか。

小顔コルギは痛い?コルギの危険性・即効性について解説

韓国発祥の美容法で、骨と筋肉に同時に働きかけ、血流をアップさせることで小顔効果が期待できるコルギ。

骨と筋肉に同時に働きかけるということから「痛いのでは?」と心配になっている方も多いでしょう。

今回は、そんなコルギの痛みや危険性、即効性について解説していきます。

コルギが気になる方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

コルギは痛いって本当?

コルギと言えば、ネットを中心に「痛い」という噂がかなり立てられています。

痛みを伴う施術は苦手だという方も多く、「痛いと聞いたからコルギに挑戦できない」と迷われている方もいるかもしれません。

結論を言うと、コルギは骨や筋肉に圧をかけて血流アップを促す施術であり、個人差はあるもののそれなりの痛みが伴うものです。

特に、顔に老廃物が溜まっている方や普段お酒をよく飲みむくんでいる方などは強い痛みを感じやすくなります。

徐々に痛みは緩和される

コルギは老廃物やむくみがある方に強く痛みを感じる施術です。

老廃物やむくみをコルギによってしっかり流すことができれば、痛みは徐々に緩和されていきます。

そのため、1回目の施術に比べて2回目、3回目はそれほど大きな痛みは伴いません。

3回~4回ほどコルギを受けると、痛みに慣れて施術中に寝てしまう人も多いです。

エステティシャンとの相性も関係する

コルギの痛みはエステティシャンとの相性も関係しています。

特にコルギを売りにするエステには色々なお店があるので、自分に合ったお店を探すのが大切です。

例えば、痛みを売りにしている本場の韓国式コルギから、刺激を抑えたタイプのソフトコルギなどさまざまなお店があります。

体験ができるお店も多いので、色々なお店に行ってみて自分に合ったところに通ってみましょう。

痛みに耐えた方が効果的なの?

決して痛みに耐えた方が効果が良いというわけではありません。

返って刺激が強すぎると心身に過度なストレスを与えてしまい危険です。

コルギはお客さまに痛みを与えることを目的とする施術ではありません。

我慢できないほどの痛みを感じた場合は、遠慮せずエステティシャンに伝えるようにしましょう。

また、痛みに耐えようとすることで顔に力が加わり、歯を食いしばってしまうことがあります。

コルギは圧で筋肉をほぐすことが重要となるため、筋肉がこわばるとコルギの効果が半減してしまいます。

こわばった表情になるとエステティシャンもやりづらくなるので、痛い時は我慢せず力を弱めてもらうようにしましょう。

コルギによる小顔効果と即効性

コルギの即効性!どのくらいで効果が表れる?

コルギは骨と筋肉に直接働きかける施術で即効性は抜群です。

コルギを受けたほとんどのお客さんが、1回目の施術で効果を実感する傾向にあります。

しかし、1回の施術で効果がずっと持続するというわけではありません。

効果を持続させるためには、3回ほど続けてコルギを受ける必要があります。

2週間の間に3回の再施術を行うのが理想です。

とはいえ、何度かコルギの施術を受けることで徐々に効果が戻りにくくなります。

個人差はあるものの、月に1回ほどの施術で小顔効果が維持できます。

コルギは危険!という噂の真相

昔にも一時期コルギが話題になりましたが、その時は「コルギは危険だ」という噂が流れブームは低下してしまいました。

しかし、コルギは危険ではありません。

とはいうものの、中には“間違えた施術”を行っているサロンがあるのも事実です。

コルギは骨や筋肉に直接圧をかける施術のため、勉強不足や技術不足のエステティシャンだと危険な場合もあります。

特に、「ただ圧をかければいい」と思っているタイプのエステティシャンには要注意です。

あくまでコルギは“圧をかけるようにマッサージをしていく施術”です。

グイグイ押せばいいというわけではなく、正しいマッサージ方法を習得しなければいけません。

無理に圧をかけてしまうと顔にアザができてしまうこともあるので危険です。

良質なコルギのお店の探し方

安全なコルギの施術を受け、小顔効果をしっかり発揮するためには、ちゃんとしたお店に足を運ぶことが重要です。

あまりに料金が安すぎるお店や口コミが良くないお店は避けた方がいいでしょう。

何より大切なのは、良質なエステティシャンが在籍しているお店を選ぶことです。

しっかり教育が行き届いているかチェックすることをおすすめします。

コルギは韓国発祥のエステです。

韓国人セラピストも多いですが、重要なのは自分と相性がいい人にお願いをすること。

実際に体験をしてみてコルギの施術がしっくりくるかで決めるといいかもしれません。

体験時はお試し価格で安く受けられるサロンも多いので、2~3カ所候補を絞り、通い比べてみるのもおすすめです。

また、コルギの効果をより高めたいのであれば、定期的なメンテナンスが必要になります。

月に1度ほどのメンテナンスが理想なので、できれば近場で通いやすいサロンを選ぶといいでしょう。

人気店を選ぶのも良いですが、予約が取りづらい可能性もあるので月1で予約が取れるサロンが理想です。

今では遅くまで営業しているサロンもあるので、色々なサロンを比較しながら自分に合ったお店を探してみましょう。

コルギによる小顔エステで効果を上げる方法

コルギの効果をアップさせるための3つの方法

コルギの効果をより高めるためには、次の方法を実践してみましょう。

①炭酸ガスパックを一緒に行う

KANRAIではコルギのオプションメニューとして炭酸ガスパックを受けることが出来ます。

炭酸ガスパックとは、炭酸ガスを溶け込ませたパックのこと。

 炭酸ガスがなぜよいのかというと、炭酸ガスが血行の促進をうながすことで、肌の状態をよくするさまざまな効果が得られるとされているから。

さらに、炭酸の爽快感によってすっきりと気分転換ができるというのも人気の秘訣のようです。

美容成分を浸透させながら、コルギの効果を保つ・顔についた汚れの除去・毛穴の引き締めなどの効果も得られます。

②ラジオ波を一緒に行う

KANRAIでは「ラジオ波」というオプションメニューも同時に受けることが出来ます。

ラジオ波は他のマシンと違いマッサージ効果が非常に高く、お顔を深部から温めます。

コルギの前にラジオ波の施術を行うことにより、溜まっている老廃物をスムーズに流すことが出来ます。

コルギの痛みも軽減しますのでオススメです。

③自宅でセルフケアを行う

コルギの効果を高める・持続させるためには、自宅でのセルフケアも重要になります。

ポイントは血流をよくすること。

頬骨周りの筋肉をつまんでほぐすだけでも十分効果があります。

お風呂の中やお風呂上り、夜寝る前などに行ってみましょう。

コルギの施術を受ける際にセラピストからおすすめのセルフケア方法を聞いてみるのもいいかもしれません。

コルギならKANRAIがおすすめ

コルギの施術を検討されている方は、KANRAIの小顔コルギはいかがでしょうか?

KANRAI式小顔コルギは、コルギだけではなく、美容整体や小顔矯正を融合したオリジナルの施術です。

顔のむくみだけではなく、コリを解消しながら頭蓋骨の歪みや大きさを矯正し、根本から小顔を目指します。

一度の施術で驚きの小顔効果が実感できるのは、KANRAI式小顔コルギの魅力です。

痛みの調整などもしっかり行わせていただきます。

エイジングケアにも効果的!

確かな技術を持つセラピストが、あなたの顔を本当の小顔に導きます。

ぜひ一度、KANRAIの小顔コルギをお試しください。

ダイエット中の朝ごはん何食べる!?ダイエットに最適な朝食メニューとは?

あなたは、どんなタイミングでダイエットを始めますか?

「最近なんか太ってきたかも」と感じたとき?それとも「彼とのデートまでに少しでも・・・」なんてことも?

ダイエットを始める理由は様々ですよね。

そしていざ、ダイエットを始めたときにまずぶつかるのが、「ダイエット中、何食べるか問題」ではないでしょうか。

ダイエットをするにあたって、例えばエステやスポーツジムに通ったり、本やネットの情報をもとに自分でダイエットメニューを作ってみたりなど、まずはどんなダイエット方法でダイエットするかを決めますよね。

その時、毎食の食事メニューの詳細まで決まっているでしょうか?

エステやスポーツジムなどでは専門家がいるので、相談できるかもしれませんが、それ以外の場合、「何を食べたらいいの?」「これは食べていいのかな?」など、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなダイエット中に悩んでしまいがちな食事の中から、最も重要で工夫が可能な「ダイエット中の朝ごはん」について解説していきます。

ライフスタイルに合わせて調整できるようなおすすめメニューもご紹介しますので、是非最後までチェックしてみてくださいね。

ダイエット中の朝食はなぜ重要?

ダイエットにおいて朝食が重要ということを良く耳にしませんか?

その理由を知っていますか?

2つの考え方をご紹介していきます。

・体内時計をリセットさせる

朝目覚めたとき、おなかがすいていますか?

夕食の時間や目覚めの時間にもよりますが、19時に夕食を摂って7時に起きた場合、約12時間何も食べていないことになります。

そうすると胃の中は空の状態。

そして朝起きて朝食を食べると、身体や脳にエネルギーが行き渡って、体内も活動を開始します。

朝は最も集中力が高いゴールデンタイムともいわれています。

朝食を摂って体内時計をリセットさせることでより良い一日のスタートができますよ。

・太りにくくなるから

空腹が必ずしも身体にとって悪いというわけではないのですが、空腹状態の身体は次に入ってきた栄養を蓄えようと働きます。

朝食を抜くことでおなかがすいて昼食に食べ過ぎてしまうと、摂取した糖分や脂肪を通常以上に蓄えやすく、肥満の原因となってしまうのです。

食べないこと=ダイエットという考えではなく、栄養バランスや量を配慮した食事がダイエットには大切なのです。

ダイエット中のおすすめ朝食メニュー3選

ダイエット中でも朝食を摂ることが大切だとお伝えしましたが、とはいえ「どんなものを食べたらいいの?」「朝から料理するのは無理!」という方も多いはず。

そこでダイエット中におすすめの朝食を3つのパターンでご紹介します。

あなたにピッタリの朝食メニューを探してみてくださいね。

1、一日の始まりはしっかり食べたい!方向けの朝食メニュー

日本の朝といえば、「熱々ご飯にお味噌汁」というイメージがありませんか?

日本人は特に、一日の始まりの朝食はしっかり食べたい!という方が多いそうです。

そこでおすすめの朝食メニューは具沢山お味噌汁です。

発酵食品の味噌は腸にもお肌にもうれしい栄養がたっぷりです。

そして、お味噌汁はどんな食材にも合う万能メニュー。

前日の夕飯で使ったお野菜などをお味噌汁用に分けて置いたり、休日などにお味噌汁用の野菜ストックを冷凍しておくのもおすすめ。

お野菜の他にもたんぱく質が豊富な豆腐や卵、お肉を入れてもOK です。

しっかり食べたい方はお味噌汁とごはんやおにぎり、お漬物などを一緒に食べるとさらにgood!

ダイエット中に白ご飯を食べるのが気になる方は食物繊維たっぷりの玄米もおすすめですよ。

2、忙しい朝は時短で済ませたい!方向けの朝食メニュー

とにかく朝は時間がない!調理をせずに時短で済ませたいという方は、オートミールやミューズリーなどの栄養満点な穀物がおすすめ。

オートミールは気分にレンジで簡単に調理ができます。

おかゆ風の味付けやフルーツやヨーグルトと合わせるなどその日の気分で食べ方変えられるので飽きにくいのもおすすめポイントです。

より手軽に食べたいという方は、オートミールなどの穀物とナッツやドライフルーツが混ざったミューズリーに冷凍フルーツとヨーグルトなどをトッピングするのもおすすめです。

3、自宅で食べられないからコンビニで買いたい!という方向けの朝食メニュー

朝食を自宅で食べる時間がない!という方は、コンビニで調達する方も多いはず。

最近はコンビニでもダイエットに最適な朝ごはんを買うことができます。

例えば、玄米を使ったおにぎりやチキンや卵などタンパク質も併せてとれるサラダ、カットフルーツ、ゆで卵、サラダチキンなどもありますよね!

バリエーションが豊富なので飽きずに選ぶことができそうですね。

飲み物を飲むくらいしか時間がない!というばたばたしてしまう日は無添加のスムージーやプロテインが配合されたドリンクで空腹を和らげて身体に栄養を補給してあげましょう!

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したダイエットに最適な朝食メニューは、「絶対にこれを食べなければいけない」や反対に「絶対にこれは食べてはいけない」というものはありません。

ダイエット中の朝食は、寝ている間に十分に休んだ胃腸に一番に届けるとても重要な食事です。

糖分や脂質が異常に多いものや高カロリーなのに栄養が少ないものを避けて、野菜や発酵食品、低糖質の穀物やフルーツなど、低カロリーで栄養がたっぷりな食材を取り入れることを意識すれば、調理の有無や準備・食事に掛ける時間などはあまり関係ありません。

あなたのライフスタイルに合う方法で続けやすい朝食メニューを選んでみてくださいね。

ダイエットしてもなかなか落ちない脂肪のご相談はKANRAIへ

食事制限など自分でダイエットをして体重や体脂肪が落ちた!という方の中には、「一番気になる腰回りのお肉はなくなってない!」「太ももを細くしたいのに上半身ばかり痩せてしまう」など、気になる部分が痩せられずに悩んでいる方、実はとても多いのです!

食事制限によるダイエットは、もちろん効果的です。

しかし、食事制限ではまず内臓脂肪から減っていくのです。

体重や体脂肪は確実に減っているのに見た目の変化はいまいちというお悩みの理由はまさに皮下脂肪が変化していないことにあるのです。

気になる部分の皮下脂肪を効率よく落として理想的なボディラインを手に入れるには、プロの施術に頼るのも有効な方法です。

KANRAIの人気痩身メニュー「セルライトジュテ」は「温める」「はじける」「溶かす」「もみだす」「引き締める」の5つの効果が一度で体感できる施術です。

深部を温める高周波をあてながらもみほぐすことで大幅に血流促進を促進して代謝をアップさせることでサイズダウンが期待できます。

KANRAIではお客様のお悩みやご要望に寄り添いながらご希望に合わせた施術を行いますので、「この部分がどうしても痩せたい!」などのこだわりがある方、大歓迎です。

とにかく結果を重視したい!というあなたのために、体験価格をご用意していますのでまずは一回試してみてください。

あなたのお悩みを解消して理想のボディラインを手に入れていただくために、セルライトジュテは特におすすめのメニューです。

KANRAIスタッフ一同お待ちいたしております。

ダイエットに甘いもの厳禁は間違い!?ダイエット中におすすめの甘いもの

「ダイエット中の食事制限は常識!」と太りにくい食生活にチェンジする方、多いのではないでしょうか。

太りにくい食生活で満足できる方は、そもそもダイエットは必要ありませんよね。

特に甘いものが好きな方は、ダイエット中に甘いものが食べられないというのはかなりのストレスになってしまうのではないでしょうか。

甘いものを食べると脳内に通称「幸せホルモン」と呼ばれている物質が分泌されて、幸福を感じやすくなるので、「甘いものだけはやめられない!」というのは脳科学的にもあり得ることなのだそうです。

実はそんな甘党さんの味方となってくれる、ダイエット食材があるのです!

今回はダイエット中でもたまには甘いものが食べたい!という方におすすめのあま~いダイエット食材をご紹介します。

どうしてダイエット中は甘いものを食べちゃダメなの?

「甘いものを食べると太る」と聞いたことはありませんか?

それは事実なのでしょうか。

甘いものを食べたとき身体の中でどのようなことが起こるのかを知れば、どうしてダイエットに甘いものが厳禁なのかがわかります。

2つのポイントがありますので、解説していきますね。

ポイント1 血糖値の急上昇

甘いものを食べると、糖分が吸収されて血液中の糖の値である血糖値が上昇します。

血糖値が上がると、身体は血糖値をもとの状態に戻そうとします。

そこで血糖値を下げるためにインスリンという物質が分泌されます。

空腹の状態で甘いものを食べたり、一気にたくさんの甘いものを食べたりすると、血糖値が急激に上昇します。

すると血糖値を下げるためのインスリンが必要以上に分泌されてしまうのです。

インスリンは血中の糖分を脂肪に変えて蓄積しようとする働きがあるので、過剰に分泌されるとその分、脂肪を蓄えようとする作用が高まります。

その結果太るということにつながるので、甘いものを食べると太ると言われているのです。

そこで重要なのがGI値です。

GI値とは、食べたものが体内に吸収されたときにどのくらい血糖値を上昇させるかを表した数値のことです。

GI値が高い食品は血糖値を急上昇させ、中性脂肪を増やす可能性が高くなります。

GI値の高い食品は炭水化物が中心ですが、その中でも砂糖は他の食品と比べてGI値がかなり高いのです。

甘いもののほとんどは砂糖が使われていますよね。

これがダイエットに甘いものは禁物といわれる理由のひとつなのです。

ポイント2 脂肪燃焼の妨げ

ダイエットをするということは、体内に蓄えられている脂肪をエネルギー源として燃焼させて、中性脂肪を減らすことが重要です。

そこで、身体をいかに脂肪を燃焼させやすい状態にするかというのがポイントになるのですが、実は脂肪はそう簡単には燃焼してくれません。

ダイエットのために有酸素運動をする際、20分以上は必ず有酸素運動を続ける必要があるというのを聞いたことがありませんか?

これは実は、身体のエネルギー源には燃焼効率の良いように順番があるのです。

有酸素運動などで身体がエネルギーを必要とするとき、まずは血中の糖がエネルギー源として使用されます。

そして、血中に燃焼させることができる糖が少なくなって初めて、体内に蓄積されている中性脂肪をエネルギー源として使い始めるのです。

つまり、糖はエネルギー源になりやすく、脂肪を燃焼させるエンジンがかかるまでには時間がかかるということ。

そこで、甘いものや炭水化物などで糖質の高いものを食べると、血中の糖が増えるので、優先的に糖質がエネルギー源となり、体内の脂肪がエネルギー源として消費されにくくなってしまい、せっかく有酸素運動などをしてもダイエット効果が得られにくいのです。

効率よく脂肪を燃焼させるためには、なるべく糖質をおさえた食事を摂るということが大切です。

身体にとってエネルギーは必要なので、糖質を全くとらないのは逆に危険なので適度な糖質は必要なのですが、ケーキやクッキーなどの糖質と脂質がたっぷり含まれているものはダイエットには大敵です。

ダイエット中におすすめの甘いもの「アガベシロップ」

ダイエット中には、脂肪の燃焼効率を上げるためにも、血糖値が急上昇するような糖質やGI値の高い食べものはなるべく控えたほうが良いとご紹介しました。

だけど、ダイエット中に甘いものを一切禁止するとストレスにつながって逆効果!なんていうことにならないためにも程度に甘いものを食べて幸せホルモンを分泌させることも必要です。

そこでおすすめなのが「アガベシロップ」

アガベシロップは、テキーラの原料にもなっているアガベという植物から抽出して作られている甘いシロップです。

欧米では、はちみつやメープルシロップと同じかそれ以上に需要のあるシロップです。

アガベシロップははちみつやメープルシロップと同じような用途で使えるものなのですが、天然の甘味料の中で一番GI 値が低いと言われています。

アガベシロップのGI値はリンゴよりも低く、なんと白砂糖の5分の1ほどしかありません。

そして、お砂糖よりも甘味が強く、白砂糖の1.5倍の甘さと言われています。

はちみつよりもメープルシロップに近いようなさらりとしたシロップで、とても甘く味に癖が少ないので、どんな料理にも使えて少量でしっかり甘くなるので使いすぎこともなく安心です。

さらに、アガベシロップは大腸のビフィズス菌を増やす作用もあるので、ダイエット中で便秘になりやすいという方にとっては強い味方になってくれます。

アガベシロップの活用方法は?

アガベシロップはダイエットに甘いものを食べたいときに味方となってくれるシロップなのですが、味に癖が少なくどんな料理にも使いやすいのも特徴です。

ダイエット中に甘いものが食べたくなったときには、プレーンヨーグルトの甘味付けとして使ったり、紅茶やココアなどに溶かして甘くして飲むのもおすすめです。

また、アガベシロップは加熱調理にも使えるので、煮物の甘味付けにも使えますし、ドレッシングの材料などにもピッタリです。

白砂糖の代用として色々な場面で活用できるので、ダイエット中に限らず健康志向の方におすすめです。

ただし、アガベシロップには注意点もあります。

アガベシロップは肝臓で分解されるので過剰に摂取すると肝臓への負担となってしまいますので大量摂取はおすすめできません。

あくまでも甘味料として活用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

必ずしもダイエット中に甘いものは厳禁!というわけではないことをお分かりいただけたでしょうか。

ダイエット中でも糖質の急上昇や脂肪燃焼の妨げとならないよう注意しながら、上手に甘いものを取り入れて、なるべくストレスフリーなダイエットを続けていきましょう!

また、ダイエットを必ず成功させたい、食事のコントロールが苦手という方にはKANRAIのイヤーセラミックダイエットがおすすめです。

イヤーセラミックダイエットは、自分ではなかなか変えられない食生活を見直して栄養バランスを管理する食事療法と骨盤のゆがみなどを整えて代謝を上げる美容整体の組み合わせで理想の体重と美しいボディラインを手に入れるためのプログラムです。

過度な食事制限や激しい運動はなく、週2回程度毎回15~30分通えばOKなので安心です。

自分一人でのダイエットに限界を感じている方に特におすすめです。

無理なく、ストレスなくダイエットに取り組みたい方は是非チェックしてみてくださいね。

小顔ローラーって本当に効果ある?選び方と有効的な3つの使い方

自宅で簡単にできる小顔ケアと言えば「小顔ローラー」ですが、本当に効果があるのか不安ですよね。

「気休め程度にしかならないのでは?」と半信半疑の方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな小顔ローラーの効果や選び方、有効的な使い方を紹介していきます。

実は、小顔ローラーの使い方によってはかえって逆効果になってしまうことも。

正しい使い方を知って、理想の小顔を目指していきましょう!

小顔ローラーとは?様々な種類がある!

小顔ローラーとは、顔の肌の上を転がすだけで様々な効果が得られる器具のこと。

他にも、

・美顔ローラー

・フェイスローラー

・ローラー美顔器

などと呼ばれることとがあります。

器具の種類にもよりますが、簡単に片手で小顔ケアができることから、小顔や美顔を目指す女性に高い人気がある製品です。

そんな小顔ローラーには、素材や形状に様々な種類があります。

小顔ローラーの基本的な効果を発揮するためには、自分の希望や用途に合った製品を選ぶことが大切です。

まずはどんな種類があるのかを知って、自分に合った小顔ローラーが選べるようにしておきましょう。

素材の種類

小顔ローラーのヘッド部分の素材に注目してみましょう。

プラスチックでできているものから、ゲルマニウムやプラチナ、チタン、セラミックなど様々な素材が採用されています。

それぞれの特徴を知って、自分の用途に合うものを選んでいけるようにしておきましょう。

ゲルマニウム

人間の体温に極力近い32度以上で通電する性質のあるゲルマニウム。

肌に当てることでマイナスイオンが生じる特徴があります。

肌トラブルのイオンバランスを整えたり、酸素を補充してくれたりする効果があり、乾燥肌や敏感肌の改善にも効果的です。

プラチナ

ゲルマニウムと同様、マイナスイオンを発生させる性質があります。

肌のイオンバランスを整えるほか、活性酸素を除去する効果もあり、アンチエイジング効果も発揮します。

チタン

軽く、強く、錆びにくいとして有名な金属です。

高い耐食性や無毒性、生体適合性があることから、ロケットや深海艇などの精密機器から、人工骨やカテーテルなどの医療品として、幅広く使用されています。

アレルギーが起こりにくい金属のため、金属アレルギーなど肌の弱い方でも安心して使えるのが魅力。

錆びにくいので入浴中にも使用できます。

セラミック

遠赤外線を発する性質がある天然鉱物です。

肌を温めて血行を促進する効果があり、肌のターンオーバーを回復やくすみの改善に効果的です。

形状の種類

小顔ローラーには素材だけではなく形状の違いもあり、次の2つの種類があります。

形状によって目的が変わってくるので、選ぶ際の参考にしてみましょう。

スティック型

ヘッド部分に上記で紹介した金属が埋め込まれているタイプのもの。

肌のイオンバランスを整えたりターンオーバーを活性化させたりする効果があり、健康的な肌を手に入れたいという方に最適です。

Y字型

ヘッド部分がボール状やローラー状になっているタイプのもの。

肌を挟むようにして使い、顔に圧力をかけながら小顔ケアを行います。

小顔を目指したい方に向いている形状です。

その他の高性能小顔ローラー

近年では、上記の種類に加え、さらに高性能な小顔ローラーが増えてきています。

マイクロカレントやEMSなど、微弱電流や低周波といった電流によって刺激を与えマッサージ効果を高める製品は中でも注目されています。

少々お値段は貼りますが、それほど効果があるので購入を検討してみるのもいいかもしれません。

小顔ローラーの選び方ポイント

上記でも説明した通り、より小顔ローラーの効果を得るためには、自分に合った製品を選ぶことが大切です。

その他にも、次のようなポイントに気を付けて選んでみましょう。

プラスチック製の小顔ローラーはおすすめできない

安価で購入できるタイプとして、プラスチック製の小顔ローラーがあります。

こういったタイプの小顔ローラーはY字型のものが多く、決して効果がないというわけではありません。

しかし、安価であることから、耐久性がなかったりヘッド部分のボールが小さかったりなど、作りが粗いものも多いです。

反対に顔への締め付けが強すぎて肌を傷つけてしまうものもあります。

そういったデメリットを踏まえ、本格的に小顔や美顔を目指したい方はプラスチック製の製品は避けた方がいいでしょう。

重さや持ちやすさも重視する

小顔ローラーは毎日ケアとして使うものです。

素材や形状を重視することはもちろんですが、重さや持ちやすさもしっかり確認しましょう。

例えば重すぎると手首に負担がかかって毎日のケアが難しくなってしまうことも。

毎日使用するものだということを忘れず、“使いやすさ”にも重視して選びましょう。

小顔ローラーの有効的な3つの使い方

小顔ローラーは「ただ何となく使うだけ」では効果はあまり発揮しません。

少しでも効果が高められるように有効的な使い方を知っておきましょう。

①しっかり保湿をしてから使う

乾いた肌に小顔ローラーをあてると、摩擦で肌を痛めてしまいます。

小顔ローラーを使う際は、乳液やクリームなどでしっかり肌に潤いを与えてから行うのが基本です。

肌が潤ってなめらかな状態だとローラーのすべりもよく、肌に優しくケアが行えます。

②血行を促進させてから使う

顔の血行を促進させてから小顔ローラーを使うとより有効的です。

血行の流れが良くなっていることでむくみが取れやすくなります。

錆びにくいタイプの小顔ローラーであれば、入浴中に使うのもおすすめ。

ホットタオルなどで顔や首筋を温めて血行を良くしてから使うのも良いでしょう。

③一方向に転がす

小顔ローラーの使い方としては、一方向に転がすのが基本です。

以下のような流れで一方向に転がしていきましょう。

①顎の先端からフェイスラインに沿って上へ

②口元から頬へ

③目元から耳へ

“下から上へ”、“内から外へ”の一方向の動きを意識することが大切です。

逆効果に!?小顔ローラーのNGな使い方

間違った使い方をしてしまうと、かえって逆効果になってしまうことがあります。

次のNGな使い方には気を付けましょう。

上下に往復させない

ローラーがついた製品は転がしやすいため、上下に往復させてしまう方が多いです。

しかし、往復で転がすのは返ってたるみの原因になるのでNG。

上記でも紹介した通り、一方向の動きを意識しましょう。

擦りすぎない・強くしすぎない・やりすぎない

小顔ローラーは、力を込めて使った方が効果があるというわけではありません。

製品ごとに推奨する強さや時間、方法が決まっています。

必要以上のケアをすると、たるみや肌の炎症、色素沈着の原因にもなりかねません。

やりすぎないよう、適度で正しいケアを行っていきましょう。

小顔を目指すならKANRAIにご相談を

さらに小顔を目指すなら、KANRAIの小顔コルギがおすすめです。

骨と皮膚の間の老廃物を流し凝り固まった表情筋をほぐすことで、1回の施術で十分な小顔効果が期待できます。

肌の表面だけではなく、筋肉や骨にまで働きかける施術でエイジングケアにも効果的です。

体験も受付中!ぜひ一度、KANRAIの小顔コルギをお試しください。

脱毛サロンと病院医療脱毛の違いとは?結局どちらの方がいい?

脱毛をしようと思ったとき、脱毛サロンか病院での医療レーザー脱毛かどちらにしようか悩まれている方も多いのでは?

どちらも脱毛行為であることに変わりはありませんが、たくさんの違いがあります。

2つの脱毛の違いを知って自分に合う方を選びましょう。

今回は、脱毛サロンと病院医療脱毛の違いを解説していきます。

脱毛サロンと病院医療脱毛の4つの違い

脱毛には主に2つの施術方法があります。

サロンでの脱毛は光脱毛で、病院での脱毛は医療レーザー脱毛です。

この2つの脱毛行為には大きく次の4つの違いがあります。

①スタッフの資格の有無

②1回の照射効果

③通う期間と脱毛回数

④痛みの強

上記4つの違いをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

①スタッフの資格

まず根本的な違いとして、スタッフが資格を所持しているかしないかの違いがあります。

脱毛サロンの場合は基本的には資格が不要です。

しかし、病院での医療レーザー脱毛は国家資格を持つ医師と看護師が必ず必要になります。

理由としては、医療レーザー脱毛は名前にもある通り医療行為にあたるからです。

一方で、脱毛サロンの脱毛器は光照射となり資格は特に必要ありません。

資格は不要ですが、必ず研修を受ける必要があります。

また、脱毛サロンの中にはエステなどの専門学校を卒業したスタッフもいるので資格がなくても安心です。

②1回の照射効果

サロンの光脱毛と病院の医療レーザー脱毛では、1回の照射の効果が大きく異なります。

光脱毛の照射は広範囲に優しく作用するのが特徴です。

一方で、医療レーザー脱毛は一点に集中的に作用します。

つまり1回あたりの照射効果や感じ方も異なるのが特徴です。

③通う期間と脱毛回数

1回あたりの照射効果が違うため、通う期間と脱毛回数も変わってくるのが特徴です。

サロンの光脱毛に比べて照射効果が高い医療レーザー脱毛の方が少ない回数・期間で完結します。

肌質や毛質などで多少個人差はありますが、光脱毛は2~3年、12~18回必要です。

一方で医療レーザー脱毛は1~2年、5~8回で脱毛効果に満足する方が多くなっています。

④痛みの強さ

照射効果が違う分、痛みの強さも異なります。

痛みが異なるのは照射時の出力に差があるからです。

医療レーザー脱毛の方が出力が高いため、どうしても痛みを感じやすくなります。

医療脱毛も最近ではより少ない痛みで脱毛できるよう進化してきていますが、痛みが苦手な方は脱毛サロンを検討すると良いでしょう。

脱毛は永久的に効果があるの?

どうせお金を払って脱毛をするのであれば、永久的に効果を持続させたいですよね。

しかし、永久的に効果が期待できるのは医療レーザー脱毛のみだとされています。

医療レーザー脱毛は、「毛乳頭」と言われる毛を生やすもとの組織を破壊できるためです。

毛乳頭を破壊する行為には国家資格が必要になります。

つまり、国家資格のない脱毛サロンの光照射では、毛乳頭を破壊することができません。

脱毛サロンで毛乳頭を破壊することは医師法違反になります。

光脱毛は毛乳頭を破壊するのではなく、ダメージを与えることで一時的な減毛効果を得る脱毛方法です。

光脱毛は永久的な効果はないものの、毛を薄くしたり、毛の生える周期を遅くしたりする効果があります。

また、光脱毛の光はメラニン色素の黒い部分に反応するため、剛毛の人であれば効果が現れやすいのが特徴です。

結局脱毛サロンと病院医療脱毛はどちらの方がいい?

ここまで説明した通り、サロンの光脱毛と病院の医療脱毛にはたくさんの違いがあります。

どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるため、自分に合った脱毛方法を選ぶことが大切です。

下記の選び方のポイントを参考にして、自分がより快適に通える脱毛方法を選びましょう。

料金重視なら脱毛サロンへ

料金の安さを重視する方は脱毛サロンがおすすめです。

特に今は1回ワンコインや月額数千円で通える脱毛サロンも多くなっています。

病院の医療レーザー脱毛で全身脱毛をしようとすると数百万かかることも。

できるだけ安く脱毛をしたい場合は脱毛サロンを検討してみましょう。

少ない回数で完結したいなら病院での脱毛へ

忙しくあまり多く通えない方は、病院での医療レーザー脱毛がおすすめです。

脱毛サロンであれば完結までに2~3年ほどかかりますが、医療レーザー脱毛は1~2年で終わります。

病院での脱毛は短期間で集中的に脱毛したい方にぴったりです。

痛みが苦手な人は脱毛サロンへ

痛みが気になる方は、広範囲に優しく作用する脱毛サロンを選びましょう。

一点に集中的に作用する医療レーザー脱毛は人によって痛みを強く感じる場合があります。

特に脇やVIOなど皮膚が薄い部位は痛みを感じやすいです。

痛みが強い分効果は高いですが、どうしても痛みに弱い方は脱毛サロンがおすすめです。

肌トラブルや副作用が心配な方は脱毛サロンへ

医療脱毛は照射の出力が高い分、肌にダメージを与えやすいデメリットがあります。

施術後に肌トラブルや副作用を受けやすくなるため、回避してより安全な脱毛を行いたい方は脱毛サロンを選びましょう。

サロンでの光脱毛は、比較的に肌の弱い方でも受けやすい脱毛と言えます。

満足のいく脱毛効果を得るにはサロン選びが重要!

今ではさまざまな脱毛サロンや病院で脱毛を受けることができます。

どれだけ安全性が保証されている脱毛でも、施術では少なからず肌にダメージを与えることを忘れないでおきましょう。

だからこそ、脱毛を受けるサロンや病院は選び方が重要になります。

「よく聞く名前だから」

「友達も通っているから」

という簡単な理由で通うのは危険です。

サロンや病院の選び方は慎重に行いましょう。

選び方のポイントとして、下記のステップを参考にしてみてください。

step①複数の脱毛サロン・病院を比較する

脱毛が受けられるサロンや病院は各地域にたくさんあります。

できるだけ通いやすいエリアから気になる脱毛サロンや病院をピックアップしていきましょう。

その中から自分に合う機関を探していきます。

・脱毛したい部位の施術メニューがあるか

・どんな脱毛機器を使用しているのか

・料金の総額はどのくらいか

など、自分の希望に合わせながらそれぞれチェックしていきましょう。

脱毛は1回では完結しません。

必ず複数回通わなければいけないため、できるだけ納得の行く場所を選ぶ必要があります。

途中で通うのをやめてしまうともったいないので慎重に選んでいきましょう。

step②カウンセリング・体験を受ける

気になる脱毛サロンや病院の候補がいくつか絞れたら、実際にカウンセリングや体験を受けましょう。

・接客、施術の説明などが丁寧か

・トラブルの説明などがあるか

・トラブルが起きた場合の補償があるか

・料金の説明が丁寧で明確か

・強引でしつこい勧誘がないか

などをチェックしておくと安心です。

脱毛をするならKANRAIがおすすめ

脱毛を検討されている方は、愛知県西尾市のエステサロンKANRAIの脱毛はいかがでしょうか?

サロンの光脱毛は通う期間・回数が長くなりがちです。

しかし、KANRAIの脱毛は1回の照射面積が広く早く、毛周期に関係なく効果があります。

他のエステサロンに比べて脱毛完了までの期間も短くなり、通いやすいのが特徴です。

施術時間も短めなので忙しい方でも安心して通えます。

さらに、小学生や日焼けした肌の方などにも対応が可能。

従来の脱毛のようにメラニン色素に反応させるのではなく、毛包に照射していくので肌質や毛質を選びません。

料金は、Sパーツ初回980円~とリーズナブル。

無料カウンセリングも受け付けているので、ぜひ気軽にお越しください。

強引な勧誘なども一切なく、肌悩みや毛質に合わせたプランを提案いたします。