西尾市で小顔コルギ,痩身ダイエットが評判のエステサロンはKANRAI
KANRAI

ブログ
Blog

HOME > ブログ > 小顔 > 顔の大きさは遺伝する?遺伝に負けない小顔になるための方法

ブログ
Blog

2021.03.27

顔の大きさは遺伝する?遺伝に負けない小顔になるための方法

カテゴリー: 小顔

小顔になるためにいろいろ努力をしているのになかなか小顔になれない…

そんな方は、「ひょっとして自分の顔の大きさは遺伝なのではないか?」と疑問に思われているかもしれません。

小顔になれない原因が遺伝なら諦めるしかないのでしょうか。

そもそも、本当に顔の大きさは遺伝するものなのかも気になるところです。

そこで今回は、顔の大きさは本当に遺伝するのか迫るとともに、遺伝に負けない小顔になるための方法を伝授していきます。

顔の大きさは遺伝する説は本当なの?

結論から言うと、顔の大きさは遺伝が影響していると言われているのは事実です。

そもそも、容姿や体質を含め、ホルモンに関係することは9割親の遺伝が関係すると言われています。

足の長さも8~9割が遺伝で決まるといわれているため、顔の大きさも同じことが言えるでしょう。

特に体型は遺伝の影響が全般だと言われています。

実際に、一卵性双生児の調査では、“どこまで太れるか”ということが遺伝的に決まってくるという調査結果まで出ているそうです。

体臭やハゲはもちろんのこと、女性の場合は胸の大きさや初潮の時期も遺伝が強く影響するといわれています。

実際に自分の体質や容姿など、どちらかの親に似ていると実感した経験がある方も多いのではないでしょうか?

実際に、父・母どちらかが小顔であれば、その子供も小顔になる可能性は高いです。

両親どちらも小顔なら、子供が小顔になる確率はさらに高くなります。

また、父母だけではなく祖父母の遺伝も少なからず影響はあるでしょう。

女の子はお父さんに似る、男の子はお母さんに似る、ということもよく言われるので、性別が影響する場合もあります。

とはいうものの、顔の大きさは完全に遺伝が関係していると言い切れるわけではありません。

遺伝する可能性は十分にありますが、必ずしもそれがそう言い切れるわけでもないのです。

遺伝以外に顔が大きくなる原因

顔の大きさは主に遺伝が関係していますが、その他にも原因はたくさんあります。

一概に遺伝が全てと言い切れるわけではないので、遺伝だからと言って諦めることはありません。

遺伝以外に顔が大きくなる原因を知っておき、改善できるものは改善していきましょう。

努力次第で小顔になることはできるのです。

生活環境・生活習慣

顔の大きさは遺伝的要素が大きいものの、生活環境や生活習慣も大きく関係してきます。

特に顔が大きい人は、顔が太りやすいような生活をしている事が多いです。

親子は生活習慣が同じなので、親がそのような生活をしている場合、子供も必然的に顔が大きくなってしまうのでしょう。

特に次のような生活習慣は顔を大きくしてしまう原因になります。

【クレンジングを適当に済ませている】

クレンジングは直接的に小顔とは関係がないように思えますが、実は大きく関係しています。

適当にクレンジングをして肌表面に不要な角質が残ると、それがどんどん積み重なり顔が大きくなってしまうのです。

【脚を組んで座る癖がある】

これも直接的には小顔に関係がないように思えますよね。

しかし、脚を組むと骨盤がズレて顔が歪んでしまう原因になるのです。

顔の歪みは顔の大きさに大きく関係してきます。

【頬杖をつく癖がある】

脚組みだけではなく、頬杖をつく癖がある方も要注意。

頬杖をつくことで顎gあ歪み、顔が大きくなってしまいます。

【猫背・姿勢が悪い】

猫背や姿勢の悪い人は、重力に負けて顔が大きくなってしまう原因になります。

【スマホやパソコンを使う時間が長い】

スマホやパソコンを長時間使う機会が多い方は要注意。

ストレートネックになりがちで、顔のリンパの流れも悪くなり、顔がむくみ大きくなってしまいます。

ブルーライトが肌や目に悪影響を及ぼすことも。

こういった何気ない生活習慣が、小顔になれない原因を招きます。

日々の生活習慣を改善することで小顔になれる可能性は上がっていくでしょう。

むくみ

小顔になれないのは、むくみも大きな原因のひとつです。

上記のような生活習慣はもちろんのこと、不摂生や夜型生活など続けると、顔はむくみやすくなります。

また、食生活もむくみの大きな原因です。

特に塩分の多い食生活をしている方は要注意。

顔がむくむと内臓や体の水分バランスがおかしくなり、顔がパンパンに大きくなってしまいます。

骨の歪み

骨の歪みは小顔になれない原因には直接的に関係がないように思えますよね。

しかし、大きく関係しています。

上記でも少し触れましたが、生活習慣によって頭の骨が歪んでしまうと、頭が張り顔が大きく見えてしまう原因に。

頭頂骨は2つの骨が重なってできています。

骨が歪んでしまうとこの2つの骨が卵が割れるように開いてきてしまい、顔がどんどん大きく見えてしまうのです。

頭頂骨だけが顔の大きさに関係していると思われがちですが、実は骨盤の歪みも顔を大きくする原因になります。

骨盤は肩甲骨や側頭骨とも相関関係があり、歪むと直接的に顔の歪みにも繋がってしまうのです。

根本的に小顔になるためには、骨の歪みの改善が必要になります。

遺伝だからって諦めたくない!小顔になる方法は?

顔の大きさは遺伝が影響するとはいえ、生活習慣を改善することで小顔を目指すことはできます。

小顔を目指す上で重要なのは、自分の顔の大きさの原因はどれなのかをしっかり把握すること。

原因さえわかれば、改善の余地があるからです。

まずは自分の生活習慣を今一度見返し、自分に合った改善方法で小顔を目指していきましょう。

規則正しい生活を心掛ける

生活習慣の乱れやむくみが原因で顔が大きくなってしまっている方は、規則正しい生活を心掛けましょう。

・朝決まった時間に起きて、夜は早めに就寝ししっかり睡眠をとる

・3食バランスの良い食事を心掛ける

・できるだけストレスを溜め込まない生活を送る

・適度な運動をする

上記を守ることができれば、徐々に小顔に近づくことができるでしょう。

顔の大きさは、生活習慣の乱れの蓄積が大きな原因になります。

長い目で見ながら、規則正しい生活を心掛け、小顔を目指していきましょう。

小顔マッサージをする

むくみが原因で顔が大きくなってしまっている方は、日頃から小顔マッサージを積極的に行いましょう。

あまり効果は期待できないとも言われる小顔マッサージですが、やり方次第で効果はあります。

特にむくみが原因となっている方は、マッサージで老廃物を流し、リンパの流れをよくすることが重要です。

また、小顔マッサージは1回だけでは効果はほとんどありません。

毎日の積み重ねが大切です。

お風呂上りの5~10分だけでも毎日やればどんどん小顔になっていきます。

ぜひ積極的に実践していきましょう。

遺伝に負けない小顔になるには小顔矯正コルギがおすすめ

遺伝にも負けないような小顔になるために最もおすすめなのが、小顔矯正コルギです。

生活習慣の見直しやマッサージで小顔になるためにはそれなりの時間が必要になります。

しかし、コルギであれば1回の施術で十分に小顔を目指すことができます。

小顔コルギなら、愛知県西尾市と岡崎市の「KANRAI」のオリジナルコルギがおすすめ。

KANRAI式小顔コルギは、コルギ、美容整体、小顔矯正の3つを融合したオリジナル施術です。

頭蓋骨の歪みを正し根本的な小顔が目指せることはもちろん、むくみやアンチエイジングにも効果があります。

体験価格は5,800円とリーズナブル!

気になる方は、ぜひ一度お試しください。