information

話題の小顔注射は効果アリ?気になる副作用は?

「できるだけ楽して小顔になりたい!」とお思いの女性はとても多いもの。

今よりもっと小顔になりたいと願う美意識の高い女性の間で、プチ整形のひとつとして注目されているのが「小顔注射」。

顔に注射するだけで、小顔が手に入るプチ整形ということで人気となっています。

しかし、その一方で、顔に注射して薬を注入するので、副作用がないか心配・・・本当に小顔になるの?など不安な面も。

本当に小顔になれるのであれば嬉しいですが、デメリットもきちんと知っておきたいですよね。

そこで、小顔注射の種類や副作用、そして小顔注射をしなくても小顔になれるおすすめの方法をご紹介します。

そもそも小顔注射とは?

 小顔注射は顔を小さくするために、気になる部位に薬剤を注射するプチ整形の施術の一種です。

小顔注射の場合メスを使って皮膚を切ることはしないので、ダウンタイムが少なく日帰りで気軽に受けることが可能です。

小顔注射には大きく分けて2つの種類があります。

ボトックス注射

ボトックス注射は、小顔注射でブームとなったことがある治療のひとつです。

筋肉の収縮を抑制するボトックスを発達しているエラの筋肉に注射することで、エラのハリが解消されて、小顔になります。

 歯を食いしばる癖がある方や歯ぎしり癖がある方などは、エラが発達していることが多いので、ボトックス注射がおすすめです。

ただし、対象となるのはエラの筋肉なので、頬の脂肪が多いことで顔が大きく見えている場合はボトックスでは小顔にならないので注意が必要です。

BLNS注射

BNLS注射は、新しい小顔注射として注目されている施術です。

フェイスラインや頬についている脂肪を注射で溶かして小顔を目指す施術で、薬剤の種類によっては老廃物を流す働きをもつものもあるので、むくみの解消を期待でき、すっきりした顔へと導きます。

小顔注射の費用は?

小顔注射の施術費用はクリニックによって異なります。

相場は、エラボトックスが3万円〜、BNLS注射は1CCで1万円〜が目安となっています。

ボトックス注射もBNLS注射もプチ整形なので、永久的な効果が期待できるものではありません。

ボトックスの場合は、1度の注射で4ヶ月から半年程効果が持続すると言われています。

また、効果は注射してからすぐではなく、2週間後くらいから実感できると言われています。

 BNLSの場合は、1回の注射では変化がわかりづらい場合が多く、1〜2週間おきに最低でも3回ほど注射するのが良いとされています。

価格だけ見ると、「プチ整形にしては安い!」と思うかもしれませんが、複数回受ける必要があり、納得のいく仕上がりになるためには、実際はかなり施術費用がかかってしまう場合があるので注意が必要です。

小顔注射の副作用やリスクは?

 小顔注射は、「簡単に小顔になれるプチ整形」などと言われることが多いのですが、そこで気になるのが施術を受ける上でのデメリットですよね。

小顔注射は名前の通り顔に注射で薬剤を注入しますので、副作用がある場合があります。

どのような副作用が出る可能性があるのか解説していきます。

エラボトックスの副作用1「口角が上がりにくい」

 エラボトックスは、注入量や注入箇所によっては、口角が上がりにくくなるという副作用が出ることがあると言われています。

そのようなことを防ぐためには、経験豊富で実績のある医師が施術してくれるクリニックを選ぶのがおすすめです。

事前にクリニックの症例数を調べるようにしましょう。

また、使用しているボトックスの薬剤によっても仕上がりに違いが出ると言われています。

こちらも合わせて確認しておきたいポイントです。

エラボトックスの副作用2「噛む力が弱まる」

 エラボトックスを受けた後は一時的に噛む力が弱まるので、硬いものが噛みにくいと感じることがあります。

徐々に元の状態に戻りますが、硬いモノが好きな人はしばらく食べられないと思っておきましょう。

エラボトックスの副作用「頬がこけて見える」

元々頬がこけている方や、頬骨が高い位置にあって目立つ方の場合、エラボトックスをすることで余計に頬がこけて見えてしまうということがあります。

顔全体のバランスが悪くなってしまうことがあるので、カウンセリングではよく相談しましょう。

BNLS注射の副作用「腫れや内出血」

BNLS注射の副作用として、むくんだような腫れ感が出ることがあります。

 使用する薬剤によって腫れ具合は変わってくるので、腫れにくいと紹介されている薬剤を使っているところを選ぶのが安心です。

BNLS注射は大きな副作用の報告は上がっていない治療ですが、アレルギーがある場合などは、薬剤にアレルギー反応を起こす場合があるので注意が必要です。

小顔注射以外におすすめの小顔になる方法

小顔注射は、大きな副作用が報告されていないので、安心して受けることができそうと思った方もいるかもしれません。

しかし費用面や、永久的な効果が期待できないという点から、他の方法で小顔になれたらと感じた方も多いのではないでしょうか。

そこで小顔注射なしで小顔になる方法をご紹介します。

小顔マッサージ

お金をかけずにできる方法最も手軽な方法はセルフ小顔マッサージです。

毎日のスキンケアに取り入れていくことで、すっきりしたフェイスラインに整えることができます。

小顔マッサージは、フェイスローラーなどのアイテムを使うことで手軽に続けやすくなるのでおすすめです。

表情筋を鍛える

顔の表情筋をしっかり動かすことで、小顔になれると言われています。

顔ヨガが有名ですが、なかなか思うように筋肉が動いてくれず難しいという方も。

そのような場合は、表情筋を鍛えることができる美顔器を使うのもおすすめです。

たるみを引き上げることでフェイスラインがすっきりし、小顔に見える効果があります。

エステサロンで小顔施術を受ける

エステサロンでも小顔トリートメントを受けることが可能です。

エステサロンで受けるメリットは、顔の筋肉や皮膚の構造などの知識を持っているエステティシャンが行ってくれるので、安心安全だということです。

自分で行う場合、やり方を間違えてしまうと、たるみやシワの原因となってしまうことがありますがエステサロンでの小顔施術ならそのような心配もありません。

 小顔注射のように薬剤を注入することもしないので、腫れたり内出血が出たり、アレルギーが起こるといった心配もありません。

本格小顔エステを受けてみたい方はKANRAIがおすすめ

「安心で効果がありそうなエステサロンで本格的に小顔ケアをしたい」という方は、愛知県西尾市、岡崎市のエステサロンKANRAIがおすすめです。

KANRAIは「必ず結果を出すサロン」として、お客様が満足できるような結果にこだわったサロンです。

KANRAI式小顔コルギは「コルギ」「美容整体」「小顔矯正」の3つを融合したプロのテクニックで、顔のむくみ、コリの解消、頭蓋骨の歪みや大きさを矯正し一度の施術で驚きの小顔を実感できる、小顔になりたいすべての方におすすめのメニューです。

まずは体験してみたいという方のために、本格メニューをお手軽に体験できるコースもご用意していますので、気になった方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。