西尾市で小顔コルギ,痩身ダイエットが評判のエステサロンはKANRAI
KANRAI

ブログ
Blog

HOME > ブログ > 小顔 > 小顔になりたい方必見!輪郭が崩れる原因と解消方法とは

ブログ
Blog

2021.03.01

小顔になりたい方必見!輪郭が崩れる原因と解消方法とは

カテゴリー: 小顔

今より小顔になりたいと思ったことはありませんか?

きゅっと引き締まったフェイスラインの小顔って、それだけでスタイルもよく見えるし、綺麗に見えるので憧れますよね。

実は小顔には、フェイスラインつまり輪郭のシルエットが大きく関係しています。

そして、そんな輪郭が崩れてしまう原因はとっても身近なところにあるのです。

そこで今回は、輪郭が崩れてしまう原因と、その解消方法をご紹介していきます。

輪郭を崩してしまう悪習慣を見直して、きゅっと引き締まったフェイスラインと憧れの小顔を手に入れてくださいね!

輪郭を崩す習慣はずばり「口呼吸」!

小顔になるためには、キュッと引き締まったフェイスラインは必須ですよね。

そんなフェイスラインが崩れてしまう原因は呼吸方法にあるのです!

あなたは、普段口と鼻どちらで呼吸していますか?

口呼吸をする方がいいというのはなんとなく分かっていても、「無意識の内に口呼吸になってしまっている」なんていうかたも多いのではないでしょうか。

意識したことがないだけで、実はいつも口呼吸だったという方もいるかもしれません。

そんな口呼吸がどうしてフェイスラインを崩す原因になるのか知りたいですよね。

そこで、口呼吸が及ぼす影響について解説していきます。

口呼吸が及ぼす影響とは

「口呼吸がフェイスラインを崩して憧れの小顔を遠ざけてしまっているなんて信じられない!」とお思いの方も多いのではないでしょうか。

そこでこれから、口呼吸が及ぼす悪影響について3つご紹介します。

筋肉が緩んで面長顔に

口呼吸をしているときには必ず口は開いた状態ですよね。

この口を開いた状態が、フェイスラインにとっては悪影響となっているのです。

口を開いた状態の時は口を閉じるためのフェイスライン付近にある筋肉が緩んでいます。

この筋肉が緩んで働かない状態が続くと、頬や口元がたるんできてしまいます。

そして、このたるみのせいで顔全体がした方向に引き下げられて面長な印象になってしまうのです。

恐怖の二重あご

小顔の天敵といえば、「二重あご」という方も多いのではないでしょうか。

二重あごって正面から見るとあまり目立たないけど、横から見るとあごの裏にはたるんだ脂肪が・・・なんてことも。

そんな二重あごの原因のひとつが口呼吸なんて驚きですよね。

口呼吸をしていると、無意識のうちに舌が口の中で奥の方に下がってしまいます。

その結果、あご周りの筋肉が衰えてたるみが生じ、二重あごになってしまうのです。

じつは身体にも悪影響が

口呼吸にはフェイスラインのたるみや二重あご以外にも悪影響があります。

それは、口呼吸で常に口を開けていることで、口の中は常に外気がダイレクトに入ってきます。

外気は体温よりも低いので、冷たい空気が通ることでノドの免疫組織が冷やされて免疫が低下してしまいます。

更に口呼吸は口の中にウイルスや菌が入りやすく、口腔内やのどが乾燥しやすいためウイルスや菌が繁殖しやすい環境となり虫歯や風邪などのリスクが高まってしまうのです。

また、美容の面では口呼吸をすることで唇が乾燥しやすくなってしまいます。

リップクリームをこまめに塗っているのに、いつも唇が乾燥してガサガサしているという方は、もしかすると口呼吸も原因のひとつかもしれません。

それ以外にも、口呼吸には睡眠の質を下げたり、脳の働きや集中力を低下させるなど様々な影響があると言われています。

鼻ではなく、口で呼吸するだけで、こんなにも悪影響があるのなら、今すぐ意識的に口呼吸に切り替えたいですよね!

そこで口呼吸を鼻呼吸に切り替えるために有効な方法をご紹介します。

無意識に口呼吸になってしまっていたかも!

なんて方は、ぜひこれからご紹介する方法を試してみてくださいね。

口呼吸を鼻呼吸に切り替える方法

口呼吸を鼻呼吸に切り替えるには、下の位置がとても重要です。

鼻呼吸をしているとき、口の中では舌が上あごにぴったりとくっついて、舌先は上の前歯の裏側のへこみにくっついている状態です。

しかし、口呼吸によって口をあけると舌は自然と緩んでノドの方に下がってしまいます。

口呼吸が習慣化している場合、口を閉じる筋肉や舌を正しい位置でキープする筋肉が衰えてしまっています。

この筋肉を鍛える運動をすることは口呼吸を改善する近道となり、小顔にも繋がります。

その運動とは「あいうべ体操」です。

メディアなどでも紹介されているので、知っているという方もいらっしゃるかもしれません。

あいうべ体操とは、口と舌を「あ~い~う~べ~」と大きく動かす運動です。

少しあごを挙げた状態で行うのがおすすめです。

1日30回を目安に一か月試してみてください。

また、口呼吸の改善には、睡眠中の呼吸も大切です。

寝ているときは意識して口を閉じて鼻呼吸をするのは不可能ですよね。

そこで、睡眠中は物理的に口を閉じてしまいましょう。

ドラッグストアなどで販売されているサージカルテープを5㎝を程とって、上唇と下唇をつなぐように縦にゆったりと貼りつけます。

きっちりと貼ってしまうと苦しくなってしまう可能性があるので、ゆったりと無理の内容に張り付けてくださいね。

また、最近はドラッグストアなどで睡眠中の口呼吸を防ぐための専用のテープも販売されていますので、そちらを活用するのもおすすめです。

日中、そして睡眠時の口呼吸を改善して、フェイスラインをスッキリと小顔を目指しましょう♪

本格的に小顔を目指したい方は小顔エステを

いかがでしたか?

「今まで口呼吸をしていたかも知れない!」という方は」この機会にあいうべ体操と睡眠テープで鼻呼吸に切り替えて、スッキリフェイスラインを手に入れてくださいね。

また、「口呼吸の改善だけでなく、本格的に小顔ケアをしたい」という方は、是非小顔エステを試してみてはいかがでしょうか。

愛知県西尾市、岡崎市のエステサロンKANRAIは「必ず結果を出すサロン」として、お客様が満足できるような結果にこだわったサロンです。

KANRAI式小顔コルギは「コルギ」「美容整体」「小顔矯正」の3つを融合したプロのテクニックで、顔のむくみ、コリの解消、頭蓋骨の歪みや大きさを矯正し一度の施術で驚きの小顔を実感できる、小顔になりたいすべての方におすすめのメニューです。

まずは体験してみたいという方のために、本格メニューをお手軽に体験できるコースもご用意していますので、気になった方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。