information

ガムを噛んで小顔になるは嘘?ガムで小顔になるためのポイント

「ガムを噛むと小顔になれる」という噂がありますが、本当なのでしょうか?

実は、ガムを噛んで小顔になるためには、あるポイントがあります。

間違った噛み方をしていると、返ってエラ張りの原因になることもあるため注意が必要です。

ガムを噛む機会がたくさんある方は、正しいガムの噛み方で小顔になりましょう!

今回は、

・ガムを噛んで小顔になるという噂は本当なのか

・小顔になれるガムの噛み方のポイント

・確実に小顔になれる方法

などをまとめていきたいと思います。

ガムを噛むと小顔になると言われている理由は?

ガムを噛むことで小顔になれると言われている理由には、表情筋が関係しています。

顔の骨格を変えることはできませんが、ガムを噛み口周りの筋肉を鍛えることで、フェイスラインを引き締めることが可能です。

ただし、ただ噛むだけでは大した効果は期待できません。

顔のエクササイズとして意識することで小顔になることはできるでしょう。

また、ガムを噛むことだけに限らず、顔の筋肉を鍛えることはたるみやほうれい線の予防にも効果的です。

効果はあるが医学的根拠はない?

上記でも説明した通り、噛み方によっては効果があるものの、ガムを噛むことで小顔になれることは医学的な根拠はありません。

また、間違った噛み方をすることで咬筋が必要以上に鍛えられ、エラが張ってしまう原因になることがあります。

そのため、ガムを噛んで小顔になりたい場合は、正しい噛み方を知っておく必要があるでしょう。

特に日頃からガムを食べる機会が多いという方は、正しい噛み方を覚えておいてくださいね。

効果はあるが医学的根拠はない?

上記でも説明した通り、噛み方によっては効果があるものの、ガムを噛むことで小顔になれることは医学的な根拠はありません。

また、間違った噛み方をすることで咬筋が必要以上に鍛えられ、エラが張ってしまう原因になることがあります。

そのため、ガムを噛んで小顔になりたい場合は、正しい噛み方を知っておく必要があるでしょう。

NGなガムの噛み方

最も危険なガムの噛み方は、片方の歯ばかりで強く噛むという噛み方です。

ガムだけではなく日頃の食生活などでも、片方の歯ばかり使う噛み癖のある方は要注意。

左右の顔の筋肉のバランスが崩れ、エラが張ったように見えてしまいます。

また、顔の骨格が歪んでしまい、エラだけではなくむくみを引き越してしまう可能性も。

片方の歯だけ使う噛み癖のある方は、バランス良く噛めるように積極的に意識していきましょう。

小顔になれる!正しいガムの噛み方

ここからは美容効果・小顔効果のあるガムの噛み方を紹介していきます。

普段の何気ないガムの噛み方を少し意識してみるだけで違いが出てくるはず。

ガムを噛むときはぜひ実践してみてください。

【正しいガムの噛み方】

①粒ガムの場合は2粒、板ガムの場合は1枚を少し噛み、柔らかくする

②口を閉じながら顎を大きく動かすように右の奥歯で10回噛んでいく

③左側も同様に10回噛んでいく

④左右の犬歯それぞれ10回噛み終えたら前歯に変えて再び10回噛む

※顔の筋肉を大きく動かすようにするのがポイント

ガムを噛むというより、顔のエクササイズとして意識するといいでしょう。

食後や歯磨き後に行うと、歯の質を強化することもできるのでおすすめです。

また、ガムには色々な種類がありますが、効果を高めるのはシュガーレスの物を選びましょう。

より小顔効果を高めるガムの噛み方のコツ

より小顔効果を高めるためにも、下記の注意点をしっかり守りましょう。

左右バランス良く噛む

上記でもお伝えしましたが、噛むときは左右の歯をバランスよく使いましょう。

特に無意識でガムを噛んでいると噛み癖が出てしまいがちです。

せっかくなのでガムを噛むときはバランスも意識して、これまでの噛み癖も治していきましょう。

口に力を入れすぎない

ガムを噛むときは力の入れすぎに要注意。

力を入れすぎると、顎に負担がかかることはもちろんのこと、必要以上に筋肉を鍛えてしまいエラが張る原因になります。

場合によっては顎関節症などの病気を引き起こす場合もあるので十分注意しましょう。

噛む時間は5分以上

ガムを使った小顔エクササイズをする際は、5分以上時間をかけてゆっくり噛みましょう。

短過ぎるとあまり効果が期待できません。

5分以上噛むと、カロリー消費にも効果的で、満腹中枢へ刺激を与えダイエット効果にも繋がります。

小顔効果以外にも?ガムを噛む効果

実は、ガムを噛むことには小顔効果以外にも様々な嬉しい効果をもたらします。

具体的にどのような効果があるのでしょうか?

食欲を抑える

有名な話ですが、噛むことで満腹中枢が刺激され、食欲を抑えてくれる効果があります。

ガムだけではなく、食事も良く噛むことでダイエットに繋がると言われていますね。

食事前にガムを噛み満腹中枢を刺激しておくのもおすすめです。

消化促進

ガムを噛むことで、唾液の分泌が活発化します。

唾液には消化酵素であるアミラーゼが含まれており、食後の消化を促進してくれる働きも。

食事前にガムを噛んで満腹中枢を刺激するのも効果的ですが、食後のタイミングに噛むのもおすすめです。

虫歯予防

ガムを噛み続けると唾液の分泌が活発化します。

唾液に含まれるたんぱく質が歯の表面にバリアを貼り歯を保護してくれるため、虫歯予防にも効果的です。

肌荒れ予防

噛むことには、ストレスを抑える働きがあるとも言われています。

そのため、ストレスによる肌荒れ予防にも効果的。

ストレスを抑えることで自律神経が整い、美容にも効果が期待できます。

集中力向上

噛むことには、記憶を整理整頓する海馬という部分を活性化させる効果があります。

そのため、記憶力向上にも効果的。

また、感情を作り出す機能の扁桃体という部分のストレスを抑える働きもあるそうです。

よって、ストレス緩和による集中力向上の効果も期待できます。

ガムを噛むより効果的な小顔の作り方とは?

ガムを正しく噛むことで徐々に小顔に導くことは可能です。

しかし、やはりその効果は微々たるもので、急に小顔になれるというわけではありません。

今回紹介したガムを使った小顔エクササイズも、ある程度継続し、努力する必要があります。

エクササイズなど継続せずとも、たった1度のある方法で見違えるほど小顔になれる施術をご存知ですか?

それは、小顔コルギです。

小顔コルギとは韓国発祥の美容法で、骨と筋肉にアプローチをかけることで小顔効果が期待できるもの。

骨に圧力を与えることで、血流やリンパ管を刺激していくのが小顔コルギの特徴です。

むくみを解消したり老廃物を排出させたりして小顔効果を促していきます。

小顔コルギは1回だけでも小顔になれると言われている施術です。

特に、愛知県西尾市と岡崎市の「KANRAI」で受けられるKANRAI式小顔コルギの効果は絶大!

コルギだけではなく、美容整体と小顔矯正をも融合したオリジナルの施術となっています。

頭蓋骨の歪みを矯正し、むくみとコリを解消することで、本来の小顔をGETできるでしょう。

1回の施術で驚きの効果が実感できます。

ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?